ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
スリンカチュ(著)、北川玲(訳)「こびとの住む街 2」

訳者はいるけど写真集だし「こびとづかん」とも関係ない、初版'13年の本書には'09〜'12年にかけてロンドンを中心とした世界各地で「リトル・ピープル」を撮影した50点が収められている…彼らの身長は1cmほどで、おそらく著者が制作した人形である。
著者は彼の「こびと」に、ロケーションを考慮してドラマを演じさせている…という事は旅先に制作道具を持ち込んで、着想から撮影までの作業を水溜まりが干上がるより早く完了させているという事なのだろう。

そしてパリでの写真を「ブランド」と名付け、バルバドスでは「報復」を、北京で「自由」を撮影している…そこにあるのはアーティストの思想ではなく表面的なエスプリだ、飽くまで趣味であれば実に風流だがもしも著者がこれを専業としているなら単に(ユニークなビジネス)でしかない。
様々な場所に人形を置いた写真ならば目新しくもないし、僕が12歳でガンプラを作った時も雪の上に立たせて写真を撮ったものだ。

“世界のどの都市でも、どのスターバックスでも、どの防犯カメラの前でも、人は同じような悩みを抱えて生きている。それこそが本当のドラマ、本当のニュースなのだ”と、まえがきで著者は記している。
そのとおりだと思う、しかもユーモラスな「こびと」たちは見ていて楽しい。
本書は面白いし意義がある、けれど模倣しようと思っている人がいたら注意が必要だと忠告しておきたい。
模倣は模倣でしかない、模倣である事を自覚せよと。
それと、これをアートと勘違いしないようにね。笑

ところで今日、三叉路の突き当たりに人形が置かれていたのを思い出した。
それは子供が平面に描いたキリンに綿を詰めたような、プリミティブなデザインながら既製品のようだった…思わず呪術的な意味合いを想像してしまったが、もちろん考えすぎだろう。
三叉路でなくても、そのように人形を置き去りにする行為には不吉さを覚える…とまぁ、それは個人的な感じ方なので問題ないけど。


関連記事:
【最近読んだ本】パラダイス山元「ザ・マン盆栽百景」| 2009.05.26
【最近読んだ本】MINIATURE CALENDAR(田中達也)「MINIATURE LIFE」| 2014.05.26
【最近読んだ本】本城直季「本城直季写真集 small planet」| 2014.10.08
0
    | books | 2013.08.28 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top