ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みた夢 >>
最近みたDVD
「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」

アル・パチーノ主演の、いわゆるヒューマン・ドラマってヤツですね…以前にもCATVかビデオで観たのですが、基本的に如何にもな(感動作!)って基本的に観ない性格なので余計に印象深かった映画なんです。
それを図書館で見つけて、また観ようなんて思ったのには理由があるのです…こないだスチャダラパーのCDを聴いてた時に「ドゥビドゥWhat?」でアニが“フーアー!”って言ってたんですね、本作を観たばかりの頃にあのアルバムを初めて聴いたのでニヤリとした事を思い出したという訳。

その「Whoo-ah!」は、アル演じる気難しい盲人の口癖なんです…クリス・オドネル演じる冴えない高校生が甘い考えで引き受けたのが(感謝祭の週末に彼の世話をする)というバイトで、まさか相手が嫌味で高飛車な元軍人だったとはね!
だけど徐々に、その強がりで覆われた心の声が…まぁ「人に人生あり」って感じで伝わってきて、本当の勇気や誇りと真の戦いが何なのかを学んでゆくのです。

ただの偏屈オヤジだった筈が人生教育の師となり、ガブリエル・アンウォーとの華やかな場面や印象深いカー・アクションからは一転…スクール・カーストの罠に落ちた貧乏学生の窮地に弁舌を奮うクライマックスで、分かってはいても男泣きに泣かされる訳ですよ。
このタイトルにある「セント」とは(仄かな匂い)です、視覚なくとも五感をフル活用して女性を口説くダンディー…しかし童貞ボーイに向かっては平然と罵倒+猥談を撒き散らし、助平な正直者がN.Y.を往く!笑

本作で僕が知ったのは“A.S.A.P.”と折り畳み式でスパッと伸びる白杖、それとアル・パチーノが名優と称されるその演技力でした。
日本語の吹き替えでは「ブラボー!」と訳されていましたが、やはりオリジナル音声で「Whoo-ah!」の繰り返しが効いてきますね。

〈アル・パチーノ〉関連記事:
【最近みたDVD】「レボリューション/めぐり逢い」| 2014.11.18
【最近みた映画】「ヒート」| 2019.05.28


*以下の動画は携帯などでは視聴できないかもしれません

『夢の香り・スーパータンゴシーン・アル パシーノ・ガブリエル アンウォー』(観たらタンゴを踊れるようになりたくなります、でもウンナン社交ダンス部のイメージが邪魔をするのです・・・笑)


『Scent of a Woman (6/8) Movie CLIP - Ferrari Test Drive (1992) HD』(無人の倉庫街を爆走する場面は何故か心に残っていました、おそらく僕の深層心理に刻まれている〈無人の街〉というイメージに関連しているのでしょう・・・ちなみに2:50以降は投稿者の宣伝です)


『Al Pacino. Scent of a woman. Whoo Ah compilation』(彼が演じる元陸軍大佐の口癖「フーアー!」とか「ハッ!」をまとめた動画です)
0
    | cinema | 2013.09.08 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top