おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PSソフト「ルパン三世 カリオストロの城 −再会−」

いやはや、買っただけで半年以上も放置してましたな…確か(冬休みにやろう)と思ってたのにね、すっかり忘れておりましたですよ。(←半年どころか1年前でした!笑)
'97年に発売された本作、当然ながら下敷きになっているのは10年ほど前に公開された宮崎駿の代表作で…更に言えばファンディスク的なLP「ルパン・トーク・ルパン」で語られた公女クラリスとの邂逅とも一致した設定なので、かつて本作を借りてプレイした時は(分かってるじゃん!)と嬉しくなったものでした。

それは映画に描かれた一件の後で「公国はクラリスの下で観光立国として再スタートを切った」という設定で、本作もプレイヤーは観光客として先ずは“スパゲティ争奪戦の舞台となった店”や“カゲの襲撃を受けた宿”を案内嬢に案内してもらい…あちこちに隠されたクラリス金貨を集めつつ城下町を散策してると、近々オープンするバーチャル・ゲーム館の招待券を貰って仮想体験に。

すると先刻までとは微妙に違う町の気配と“カリオストロ伯爵の亡霊”の噂、爆弾テロでバーチャル中断&謎の男からクラリスの指輪を手渡されて何やら不穏な事態に巻き込まれた模様。
バーチャル中に登場した栗貫ルパンは偽者なのか(笑)爆弾テロがルパンの仕業なのか、高速艇で大公邸跡へ向かった先はDISC 2でのお楽しみ…と思ったら、まさかの読み込みエラー!?
おいおい勘弁してよぅ、セーブすると回数がカウントされるから今回に限ってセーブしてなかったのに〜!
“どうしよう”笑


関連記事:【最近のやるべき事】PS2の修理| 2016.03.11
0
    | game | 2013.09.10 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top