ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたアート
「アンドレアス・グルスキー展」(←リンク先は国立新美術館の記事)

ちょうど夏休みの最終日にツレと都合がついて、お互いの観たいのをダブルヘッダーで回ってきました。
先ずは僕が観たかった本展から、ですが新国立美術館なんて施設が乃木坂に出来てたとは知りませんでしたよ…約20年前に通っていた改札も様変わりしてて、そんな意味でも新鮮で。

作者の作品は、写真として最高値をつけて話題になった時から興味がありました…正直(なんでそんなに?)と思いましたし、それに値する魅力とは何だろうと。
本展では彼の初期から最近の作品までを網羅しておりましたが、案内のパンフレットが年代順に記載されているのに展示はバラバラだったのが奇妙でした。
最も古い作品はドイツ表現主義的とでもいいますか、構成のミニマルさとデュシャン的なポップアートの要素を感じる簡素な物で。
そこから大型カメラで全焦点の風景写真を撮ったアンセル・アダムスの流れを汲む作風になり、デジカメやデジタル処理といった技術が導入されると合成加工で要素を足したり引いたりするようになったのでした。

なのでデジタル以前のプリントは引き延ばしで粒子が荒れて案外ピントが甘いんです、現在の評価はデジタル技術による近年の作風によって確立された訳です。
光学レンズの宿命的な歪みを複数の位置から撮影した写真を合成して実際以上に平面化してみたり、90年代に流行ったステレオグラムを応用してる気もしたり…意図的なのでしょうがコピペの痕跡を残してみたり、一見すると神の視点なのですがフェイクたっぷり。

南極大陸も人工物を消し去っただけでなく、ホイップクリームみたく見えるのは作者がそのように加工しているからですよね…川面を写した「バンコク」シリーズも光の反映やゴミの浮き方か不自然で(まぁ週刊ナイタイやら「マスカットキャンディー」の袋やらハングル文字のペットボトルは意味深でしたが)、例え蛇腹でティルトにしてもああは写せないと思います。
これは善悪や批判ではなくて、本展の写真を鵜呑みにしたり過去の芸術的な写真の見方と同列に語られる作品ではないという事です。

写真が(ありのままを写す)という幻想を逆手に取るような、現実の中に潜む非現実性を強調して提示しているのが近年の作風の特徴でしょう…商品棚や群衆をポップアートに見せるのは今更ですけどね、特に群衆系はYMO「増殖」のアートワークを連想しましたし。
ただし湾岸戦争時に世論を沸騰させた「油まみれの海鳥」が情報操作の加工写真だった的な、負の側面から語られがちだったデジタル処理技術の用途を転換した際どさと絵画の技法「スーパーリアリズム」を写真の側から引用したような発想がユニークだと思います。

まだまだ写真の芸術性は進化しているんだなぁと、非常に刺激を受けましたよ。


〈現代美術〉関連記事:
【最近読んだ本】山口裕美「COOL JAPAN」| 2008.03.25
【最近読んだ本】トーマス・マックナイト画集「Windows on paradise」| 2008.12.09
【最近読んだ本】ミッシェル・ライリー「フランシス・ベーコン」| 2009.02.19
【最近読んだ本】「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
【最近読んだ本】川俣 正(作)、村田 真(文)「A WALK ON THE BRIDGE 橋を歩いていく」| 2009.11.27
【最近読んだ本】佐藤雅彦+菅俊一+石川将也「差分 Difference」| 2012.10.06
【最近読んだ本】ドリ・ハダー「ミンガリング・マイクの妄想レコードの世界」| 2012.12.22
【最近行ったところ】企画展「アートと音楽 ――新たな共感覚をもとめて」| 2013.02.03
【最近みたDVD】「痛みが美に変わる時 画家・松井冬子の世界」| 2013.04.28
【最近行ったところ】「フランシス・ベーコン展」| 2013.05.07
【最近読んだ本】「アウトサイダー・アート」| 2013.11.08
【最近読んだ本】「メディア芸術アーカイブス 15 YEARS OF MEDIA ARTS 1997 - 2011」| 2013.11.14
【最近読んだ本】千足伸行「すぐわかる20世紀の美術――フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで」| 2013.12.02
【最近読んだ本】齋藤芽生「徒花図鑑」| 2014.08.12
【最近読んだ本】チャールズ・シミック「コーネルの箱」 | 2014.10.05
【最近行ったところ】企画展「MOTコレクション 戦後美術クローズアップ」| 2015.07.30
【最近読んだ本】山下裕二(監修)「超絶技巧美術館」| 2016.08.03
【最近行ったところ】「ボストン美術館の至宝展」| 2017.08.21
【最近みたアート】「理由なき反抗展」| 2018.09.14
【最近みたアート】「マルセル・デュシャンと日本美術展」| 2018.10.30
0
    | visited / plan | 2013.09.03 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top