おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みた映画
「パシフィック・リム」(←リンク先は公式サイト)

こちらはツレが観たかった方で、先にご紹介した「アンドレアス・グルスキー展」からハシゴして観ました…本作をツレが観たがるとは意外でしたよ、それとオシャレ特撮の題名が何故「海洋の縁」なのかってね。
まぁタイトルに関しては(特撮番組のサブタイトルっぽさを狙ったのかもなぁ?)と、でも話の核心だったのねぇ?
実は観るまで眼中になかったんです、多分その方が意外に思われそうですけど。
でも観たら思いがけず面白かったし、思いがけない点で見方が変わったりも。笑

特撮といえば怪獣、なので本作でも怪獣は“カイジュー”…きちんと作法に則って海から来るし尻尾あるし、ちょっと捻って放射能も絡めてくるし本気ですわ。
それに対抗する我が人間サイドは巨大ロボットなんですねぇ、当然ながらパイロットが搭乗して操縦する訳です…でも単独では色々大変なので、心を通わせやすい二人のシンクロ率を合わせてロボットの性能を引き出すようになってます。
この操縦方法は「Gガン」または「ライディーン」っぽいし、シンクロ率は「エヴァ」っぽい感じでロボットアニメもリスペクトと。

カイジューの怪獣らしさ、ウルトラマン風に肉弾戦が主体のロボットもガンプラ塗装のハゲチョロを彷彿とさせるリアル系エッセンスにニヤニヤしました…尺の関係で活かせてなかったけど、ロシア製「チェルノ」他オージー&中華ロボが浦沢版「PULUTO」みたいな特徴だったのも侮れません。
結局最後は原子力ってのが原発大国アメリカの本音なのかアトムへのリスペクトなのか、まぁ原爆にしちゃうオチは皮肉って事か?笑

しかし芦田愛那って人気出るほど(イタい子役)って気がしてましたが、出番ずっと得意の子泣きで逆に惚れ惚れしましたよ…ハリウッド・デビュー年齢更新じゃないのかな、例えジュディ・ガーランドまで行かずともマコーレ・カルキン位の末路は覚悟してると見た!
菊地凛子は、ツレ曰く「英語だけが難点と言われてて『バベル』も無言の役になった」そうですが渡辺某や真田某に劣る発音とは思いませんでしたよ…というより日本語が周りの外人と同レベルだったのは故意にかな、でも頑張ってたから!

カイジューまで漢方薬にしちゃう香港ジョークといい、国ネタ満載なのが却って「みんな違ってみんな良い」的な清々しさなのは好感でした…ストーリーも特撮ヒーロー物の王道を貫いて、大真面目に馬鹿をやってる感じが快感でしたよ。笑
作中の理屈では最後に脱出できる筈ないとしても、この全力リスペクトぶりで許せますね…「クローバーフィールド」にも水中戦が欲しかったな、それと続編は放射能汚染カイジューの除染大作になるのかな?笑
0
    | cinema | 2013.09.04 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top