おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PS2ソフト「爆炎覚醒 ネバーランド戦記 ZERO」

先日買ったゲームソフトで、3人パーティーのRPGかと思ったらACT−RPGだったんですね…しかもOP映像はアドベンチャー・ゲームみたいに止め絵の紙芝居状態で、プレイ開始時にパッケージに描かれてたキャラ3人から1人を選んで操作するとは予想外!
それに「ネバーランド」って割にピーターパンの国じゃないのね、なんでダークなゾンビ狩りゲームなのさ…見通し利かないし動きも鈍いし'04年の製品にしてはシステムも古い、そして何より好みじゃないや。笑

操作キャラは大鎌を振り回す大魔王の娘、何故なら初期パラメーターが全体的に高かったから…んで拡がりつつあるゾンビ化の最前線に単身切り込み、ステージ通過毎に経過タイムと戦いっぷりでランク付け+使える技1つ追加されて次のステージへという単調さ。
この既視感はD3パブリッシャーの怪作「THE カンフー」を思い出すな、見通し悪いのも袋叩きに遭うのも木箱を壊してアイテム捜すのもバトル中心でストーリーはオマケってのもね。
だけど「SIMPLE2000」シリーズと違って、本作は定価だと¥6,800もしたんだ?笑

そういや「SIMPLE2000」シリーズにも、ひたすらゾンビを叩き斬ってくバカゲーがあったよなぁ…だけど本作はシリアス&ダーク調、マップ5枚目でエリア・ボス登場しステージ1をクリアしたけど飽きてきた。笑
ステージ2は地下ダンジョン、ますます暗いし盛り上がらないのね…普通は序盤ってプレイヤーをゲームに惹き付けるワクワク感があるもんだけど、そういうのは全然ない訳だ本作は。笑
回復薬は高価だし、装備の強化を優先してたら詰んだ…まるで「ローグギャラクシー」のパターンだけど、本作は使える秘技コードが出回ってないので終了〜。
0
    | game | 2013.09.14 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top