おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
SWING OUT SISTER「The Best Of」

いきなり「Now you're not here」ですか、この曲がドラマ主題歌になった時期のベスト盤なんだろうな…スウィング・アウト・シスターのベスト盤は他にも聴いた事があるのですが、そういった意味でも本作はより広くヒット・ナンバーを網羅したアルバムなのではないかという気がします。
本作も先日のバーシアと同様に、既にCDは手元になくて家のPCに残っていたのを聴き直した次第でして…ただ本作を買ったのはリリース時ではなく、レンタル・ショップのワゴン・セールだったような覚えが。

作風としてはマット・ビアンコバーシアと近い、J−WAVEでヘビロテされそうなシャレオツ系なんですね…とはいってもジャズ/ボサノバやラテン寄りのサウンドではなく、どちらかというと70年代っぽいR&Bフィーリングをアップデートさせた感じです。
それはデルフォニックスをカバーした7曲目「La-la (means I love you)」に限らず、例えば4曲目「You on my mind」に感じるワーウィック/バカラック風アレンジや9曲目「Get into touch with yourself」のニュー・ソウルっぽさにも顕著に表れていますよね。

現在の印象ではバーシアと同時期にヒットを飛ばしていたイメージなんですけど、実際の黄金期は90年代前半というより80年代後半だったんですなぁ…どちらかというとブラン・ニュー・ヘヴィーズが活躍していたタイミングの方が重なるのかも、いずれにしても早20年以上も昔だとは!笑
しかし改めて聴いてみて、ビートルズやストーンズ以来連綿と続いているUKの「米国R&B愛好ヒストリー」は論文モノの奥深さが潜んでいそうな気も。

ただし個人的に感涙しやすい名曲の「Breakout」を、まさかのセルフ・パクリしたような15曲目「Waiting game」にはガッカリだよ!


関連記事:
【最近あげたもの】CD(スウィング・アウト・シスター「The Best of Swing Out Sister」)| 2007.11.23
【最近聴いたCD】SWING OUT SISTER「SOMEWHERE DEEP IN THE NIGHT」| 2019.06.18
0
    | music | 2013.09.19 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top