オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-250AV
オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-250AV (JUGEMレビュー »)

安くて丈夫で高性能なヘッドフォン、もし壊れても買い直す予定。
ハウジング部分が小さめな割に、長く装着してても耳が疲れないし遮音性も高いし低音も出てます。
紹介記事【2019.03.31】
南の島のティオ (文春文庫)
南の島のティオ (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
池澤 夏樹
14歳の少年ティオが小さな島の出来事を綴っていく連作短編集で、実在の少年とポナペ島をモデルに著者自身が様々な島で聞いた話を再構成したのだそう。
前年の台湾旅行で読んだ本書は「海の向こうに帰った兵士たち」という一編を加えた'10年12刷以降の増補版で、この(南の島の物語を南の島国で読む)という旅のエクストラに新たな一編がオマケされたのは嬉しい偶然でした。
紹介記事【2019.01.24】
ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム (シークレットDVD同梱)
ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム (シークレットDVD同梱) (JUGEMレビュー »)

最近は評価が好転してきたようで、実際PS2最終期に出ただけあって申し分ない出来栄え。
一見、難しそうなバトルシステムもプレイの幅を広げてくれます。
その辺も含め、ノーマル版のやり込み本ですが「ファイナルファンタジーXIIのあるきかた」も併せて是非!
紹介記事【2019.03.28】
レディ・プレイヤー1 [DVD]
レディ・プレイヤー1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

スティーヴン・スピルバーグ監督による'18年のSF作、娯楽映画には珍しく2時間超の長尺ながらダレ場なし。
是非DVDで繰り返し観てください、マニアックな小ネタ探しだけでなく。
天才変人の孤独と愛情が実は普遍的である事、それもまたイースター・エッグかと。
紹介記事【2019.02.11】
琉球奇譚 シマクサラシの夜 (竹書房文庫)
琉球奇譚 シマクサラシの夜 (竹書房文庫) (JUGEMレビュー »)
小原猛
石垣島に行くのに持ってく本でしたが、結局フライト乗り遅れもあって到着前に読み終えてました。
おどろおどろしさは控えめで、怖いというより不思議だったり哀しかったり薄気味悪かったり程度。
しかし寝静まった石垣島のゲストハウス夜11時、軽く読み返していてドキドキ。
紹介記事【2019.05.02】
夢かもしんない コミック 全5巻完結セット (ビッグコミックス)
夢かもしんない コミック 全5巻完結セット (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
星里 もちる
「光速シスター」「怪獣の家」から立て続けに読んじゃいました。
妻子持ち営業マン&思い出のアイドル、の幽霊?
本作もまた「いい人」を主役に、大人社会の悲哀と可笑し味を描きつつラストで涙腺を決壊させます。
紹介記事【2019.01.17】
ハイ・フィデリティ (新潮文庫)
ハイ・フィデリティ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ
女性弁護士と別れ話が進行中なアラサー中古レコード店主の、シット・コム的な恋愛×音楽in the UK。
60-70年代メインのネタで会話の可笑しみ倍増、分からなくても巻末の「ほとんど注解に終始する訳者あとがき」が丁寧にフォローしてくれますし、むしろ訳者の注解コメントで笑っちゃったりも。
紹介記事【2019.06.23】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
2030年の旅 (中公文庫)
2030年の旅 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
恩田 陸,坂口 恭平,小路幸也,瀬名秀明,宗田理,支倉 凍砂,山内 マリコ,喜多喜久
なんか「2300年未来への旅」を連想させるタイトルですが、日本人の作家による近未来SFアンソロジーです
お題は“東京オリンピックからさらに十年後”の7編、個人的には坂口恭平による巻末エッセイの「自殺願望は脳の誤作動」にハッとしました。
紹介記事【2019.01.04】
デッドマン [DVD]
デッドマン [DVD] (JUGEMレビュー »)

別に「ブレイブ」と本作をジョニデ繋がりで観た訳ではないのですが、結果としては彼が「ブレイブ」を世に出した理由も感じ取れた気がします。
シンプル過ぎるヤマなしオチなしイミなし流浪譚ながら、詩人ブレイクを知っている方には意味深いのかも。
星野通夫の「森と氷河と鯨」で見たハイダ族やトリンギット族を思わせる、アイヌに似た文様の集落……同化政策は祖先の魂を殺すのですね、非物理的な世界で。
静寂と、雨の船出の美しさが忘れた頃に沁みてきます。
紹介記事【2019.02.23】
ブレイブ [DVD]
ブレイブ [DVD] (JUGEMレビュー »)

ジョニデが監督と共同脚本に主演と、ミーハーなファンこそ必見ですね。笑
シンプル&ヘビーな本作、イギー・ポップやノーギャラ出演のマーロン・ブランドら敬愛する人物と撮った彼の気骨が詰まってます。
特に冒頭は二度観て、彼がアメリカ本国での公開を拒んだ心に思いを馳せては?
紹介記事【2019.02.22】
夢の階段 (新潮文庫)
夢の階段 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
池波 正太郎
本書の7編はデビュー作を含む現代小説で巻末の2編だけが時代小説、しかも全編が本書初収録。
現代小説とはいっても昭和で言えば29〜36年、著者が31〜36歳の間に発表された戦後の気配が濃厚に感じられる「現代」。
いわゆる大物海外ミュージシャンの死後どっと出回る未発表音源みたいな、クオリティの心配は当然ながら無用です。
紹介記事【2019.06.15】
その男ゾルバ(特別編) [DVD]
その男ゾルバ(特別編) [DVD] (JUGEMレビュー »)

'64年の英米とギリシャ合作映画、英国育ちのスランプ詩人が屈強な男ゾルバと過ごしたクレタ島での日々が描かれます。
「無法松の一生」の三船敏郎を思わせるゾルバの心情も、目を疑うような島の人々も音声解説なしでは理解し難いかと。
対照的な二人の男のエンディングは、ジワリと胸に残ります。
紹介記事【2019.01.30】
【2019.01.31】
波乗りの島―ブルー・パシフィック・ストーリーズ (1980年) (角川文庫)
波乗りの島―ブルー・パシフィック・ストーリーズ (1980年) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
片岡 義男
僕が初めて手にした著者の小説であり、著者の初期短編集でもあります。
ハワイイに住む青年サーファー、バリー・カネシロを主人公にした連作5編を収録。
写真の佐藤秀明との巻末対談も含め、失われゆく最後の輝きを僕は感じました。
紹介記事【2019.04.24】
 (JUGEMレビュー »)

作者の他作品を読んだ記憶は曖昧ながら、その時に思った(あんま上手くないな)という印象は何だったのやら。
サイバラ風でも四コマでもなく、ストーリーの組み立てもシッカリしてるしコマの流れも自然だし。
洒落にならない裏話も飄々としたキャラに救われます、男性も一度は読んでみましょう。
紹介記事【2019.05.12】
サムウェア・ディープ・イン・ザ・ナイト
サムウェア・ディープ・イン・ザ・ナイト (JUGEMレビュー »)
スウィング・アウト・シスター
ヒット曲を連発してた90年代を過ぎ、'01年にリリースされた本作は妥当というか順当な仕上がり。
ブレずに焦りも無理もなく、エレポップの衣を脱いで一層60年代ソウルやバカラック温故知新をアダルトに昇華。
気に入った曲だけ摘まむんじゃなく、一枚として聴くべき。
紹介記事【2019.06.18】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
クルドの星 1~最新巻(文庫版)(中公文庫) [マーケットプレイス コミックセット]
クルドの星 1~最新巻(文庫版)(中公文庫) [マーケットプレイス コミックセット] (JUGEMレビュー »)
安彦 良和
「機動戦士ガンダム」のキャラでお馴染みの作画家による漫画ですが、中東の少数派クルド人を描いてるレアさでオススメに。
もっとも「これからだ!」オチは、日和った編集の強制打ち切りか?
トルコの“土くさい人々”に惹かれた結果が何故かクルド視点、でも本作同様に何一つ解決してないんだよね現実も。
紹介記事【2019.05.06】【2019.05.30】
ルーティーン: 篠田節子SF短篇ベスト (ハヤカワ文庫JA)
ルーティーン: 篠田節子SF短篇ベスト (ハヤカワ文庫JA) (JUGEMレビュー »)
篠田 節子
副題に「篠田節子SF短編ベスト」とあるけど、どんな類いのSFなのかがまったく伺えない、鯨幕というか昔のVIVA YOUみたいな表紙カバーが斬新。
巻末解説によると、著者は20余年のキャリアを持ち一般にはジャンル横断作家と認識されているそうで。
アニメ化されそうなハードSFから昭和ジェンダー恨み節、エスノ土着オカルトを経て超高齢化+正論社会の果てまで心刺しまくり。
紹介記事【2019.03.26】
 (JUGEMレビュー »)

本作は明治から昭和にかけて親しまれた、泉鏡花の“三大戯曲”をコミカライズした作品集です。
単行本化に際して描き下ろされたオマケ漫画+原作者の略歴や作品解説&文庫描き下ろしオマケ漫画と人形師による解説も収録と、これまで鏡花文学に触れて来なかった僕には有難い仕様。
人形師の一文が印象深く、100年近く前の物語にハッとさせられるのは人間に進歩などないからかも?
紹介記事【2019.04.13】
ざ・ちぇんじ 全2巻 完結セット(白泉社文庫)
ざ・ちぇんじ 全2巻 完結セット(白泉社文庫) (JUGEMレビュー »)
山内 直実,氷室 冴子
平安期の古典文学「とりかえばや物語」に基づく氷室冴子の小説をコミカライズした本作、氷室冴子も古典文学も完全スルーでしたが予想外の面白さにビックリ!
男勝りな双子の姉×病弱が故に女君として育った弟、姉は男装のまま御所に入内&弟も女官で後宮入り?
見事な風呂敷の畳みっぷりと、千年前のラブコメでLGBTを先取りのエキゾチック・ジャパンは未見なら是非!
紹介記事【2019.04.30】【2019.05.29】
ヒート [DVD]
ヒート [DVD] (JUGEMレビュー »)

ロバート・デニーロvs.アル・パチーノ、この豪華共演が「午後のロードショー」で掛かるとは!
マイケル・マン監督が脚本も手掛けており、適度に緩急を付けながら3時間近く視線を釘付けにします。
まぁ「似た者同士で対照的な立場」という月並みな設定ではありますが、改めて映画は筋書きだけでは分からないなと。
紹介記事【2019.05.28】
フロントミッション サード
フロントミッション サード (JUGEMレビュー »)

遂に全ルート攻略完了、しかし未だ引継ぎ要素は完クリ出来ずボリューム満点!笑
シミュレーションRPGって得意ではないけど、PS2の後継作「FM4」と本作は別格です。
紹介記事【2019.05.26】
PURPLE RAIN (DELUXE) [2CD] (2015 PAISLEY PARK REMASTER, PREVIOUSLY UNRELEASED TRACKS)
PURPLE RAIN (DELUXE) [2CD] (2015 PAISLEY PARK REMASTER, PREVIOUSLY UNRELEASED TRACKS) (JUGEMレビュー »)
PRINCE & THE REVOLUTION
'84年の大出世作&未発表曲集のダブル・リマスタリング作。
同世代では(プリンス=キモい)でしたが、自ら「King of Pop」を名乗った生前のMJより全てが革新的でした。
ソウル/ファンクを抑えたロック・ハードな「パープル〜」と、前作に近いエレ・ファンク中心の未発表曲集なので万人受けしないのは当然だけど本物の「Prince of Pop」は明白よ?笑
紹介記事【2019.05.09】(Disc 1)
紹介記事【2019.05.17】(Disc 2)
ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD]
ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD] (JUGEMレビュー »)

観たのはTV放映でした、でもどこカットしたかも分かるので。
もはや脱ルパンした立場で多くは語りませんが、アニメ版ルパンの最高傑作です。
本作後の脳マモーが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のエゴになる件とかは誰か考察してください、ただ政治ナンセンス的なあのオチは「ルパン三世」が生まれた60年代末の土壌を意識していたのではないかと。
観る度毎に、頭でっかちに神を夢みたマモーの涙が沁みてきます。
紹介記事【2019.06.03】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
雨宮処凛「戦場へ行こう!!」

(あめみやしょりん)かと思ってたら(あまみやかりん)と読むそうで、左翼ヘルメット被って右翼バンドを率いている目立ちたがり屋さん位に思ってましたよ…副題は「雨宮処凛流・地球の歩き方」、表紙デザインはピストルズ「勝手にしやがれ」のパロディときたか。
自分とは対極にある行動派の人って基本的には尊敬するんですが、時々そういう人が何も考えず反射的に動いてるだけに思えて…それもまた僕からは尊敬に値するのですが、反面では若干(すんげぇバカなんだな)と呆れ果てる時もあったり。
著者もまた、本能で動くおバカさんなんですなぁ。笑

しかし著者は失敗から学ぶタイプで、懲りないおバカさんではないのですね…しかも文才があるんです、痛々しいまでに自分自身を客観的に語れるスキルが。
「群像」誌上で'03年の12か月間「『北』の国から」と題して連載していた原稿に改稿と補筆を加え、改題したのが本書でして…“その一年というのは、私にとっても世界にとっても大きな転換の時期だった”と記している通り、北朝鮮問題とイラク戦争が日本で大きくクローズアップされていた年でもありました。

そんな中で、北朝鮮のよど号グループと語り合ったり“人間の盾”として開戦直前のイラクを訪問したり、傍目には(目立ちたがり)としか映らなかったであろう行動の中で本人が抱いていた心情が淡々と綴られるのですが…自虐的な文章を笑い飛ばす事も憐れむ事も出来ない僕自身に気付かされ、また当時の僕が感じていた困惑やらブレブレな信条やらを生々しく検証させられるような気分でした。笑
一足跳びに極端へと走る彼女を一笑に付す読者は、己の欺瞞と不誠実さを突き付けられるという訳です。

そして北朝鮮にしろイラクにしろ、日本という国籍を背負う者に付きまとうのはアメリカの影なんですね…世界的には「アメリカの属国」なのに「国際社会の一員」と思ってる日本って、周囲との間合いを測れず右往左往していた著者のような国家なんだよな所詮。笑


関連記事:
【最近みたDVD】「Little Birds リトルバーズ −イラク 戦火の家族たち−」| 2010.04.17
【最近読んだ本】松本聡香「私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか」| 2012.09.26
【最近読んだ本】ノーマン・メイラー「なぜわれわれは戦争をしているのか」| 2013.01.03
【最近読んだ本】「マイケル・ムーアへ ――戦場から届いた107通の手紙」| 2013.03.19
【最近みたDVD】「ヤギと男と男と壁と」| 2013.08.17
【最近読んだマンガ】キムラダイスケ「マージナル・オペレーション」1巻| 2016.08.27
【最近読んだ本】ティム・オブライエン「本当の戦争の話をしよう」| 2017.04.15


以下、個人的メモ。
“「政治運動とかが盛り上がってる時代に生まれたかった。今の時代はつまらない」”

“私は何かから逃避するため、そして希薄な日常に耐えられないからこそ世界なんて大きなものを考えるのだろうか? と考えた。たぶん、その部分もあるだろう。だけど、それだけでもない。私にとっての重要なことは、いつからこんなにも世界の問題と個人の問題が乖離したのか? いつから激動しているテレビこそが現実で自分の日常がニセモノのような気がしているのか? そもそもどうして私は戦場に行きたいのか? というような問題だ”


“私なんかいてもいなくてもどうでもいいし、必要とされることなんてひとつもないし、私が私でいる必要なんてどこにもないし、だったらいっそのことカルトに入ってしまったっていいような気がした(中略)こっちの世界では頑張れば頑張るほど自分のちっぽけさや無力さを突き付けられるだけで終わりだと思った。今の社会に不満があるのに自分こそが社会のクズ同然。そんな自意識と等身大の自分の狭間で勝手に傷つき、だから私は絶対的な何かが欲しかった。私をわかってくれて、認めてくれて、正当な、いや過大評価をしてくれる何か。(中略)社会に出て、つまらない人間のもとで「つまらない」なんて言いながら本当につまらない仕事をして、そして本気でつまらないことで文句を言われたりして、それに傷ついてしまう自分、なんていう状況が身震いするほど恐ろしかったのだ。
 だけど、地球を救うため、とかそんな大義があれば、どんなに怒られたって全然怖くない。自分のちっぽけさを突き付けられなくていいから全然怖くなんかない。レジの打ち間違いで一円単位のことで怒られるのは死ぬほど怖いけど、世界平和なんかのために怒られるんだったら私は全然耐えられる(中略)誰にも認められず誰にも注目されず誰も自分なんか見ていない毎日の中で、オウムは違うように見えた。ちゃんと誰かが見ていてくれて、頑張ったねって言ってくれる場所のように見えた。ちゃんとした修行の成就があって、こっちの世界では一生かかったって得られない達成感や充実感があるように見えた。それに比べてこっちの世界の私が自分で自分をはかる方法は、時給の額くらいしかないのだ。そして私に与えられる評価は時給の五〇円アップ、なんていうショボすぎるものだけ(中略)その意味では、ほとんどマトモに社会に出ることなく運動や修行ばかりに明け暮れている人たちは、ある意味でとっても幸せなのかもしれない。一度も社会に出ることなく革命ごっこや世界最終戦争ごっこに興じて一生を終えられることは、ある意味すごく幸福なことだろう。等身大の裸の自分を突き付けられなくてもいいし、物語の中、こっちの世界では到底味わえない達成感や充実感が味わえるはずだ”

“そして、オウム立ち退き運動を彷彿とさせる光景を見て改めて思ったのは、やはり白装束よりもどんなカルトよりも一番怖いのはフツーの人々の集団心理って奴だ、ってことだ(中略)ある種の物語の中にどっぷりと浸かって生きている人を目の前に突き付けられると、人は心の深い部分を脅かされるようだ。ちなみに私が心を動かされる理由は、どこかで自分も大きな物語の中で生きていたいという願望があるからだと思う。「世界の終わり」をすべてに優先するものとして生きるのも悪くないって思うからだと思う”

“カルトを責めるより、カルトが生まれてくる土壌を考えた方がいいというのは毎回言われることで、だけどやはり、この国はサリン事件の一九九五年から何も変わっていないんだなと思った。”


“公安関係者と接触すると、北朝鮮にすぐバレる(中略)私と一緒に訪朝したある男性は公安調査庁と内閣情報調査室に接触していたことが原因で、北朝鮮に二年二ヶ月にわたって勾留されている。彼は帰国してからも駅のホームの先頭には絶対に立たないと言うし、人が多い場所や人気のない場所も歩かないように気をつけているという”

“あの国に行くと、日本人というだけで同情されてしまうことがあって面喰らう。アメリカに骨抜きにされ、金の奴隷として生きる誇りも何もない国として日本を哀れまれてしまう。そして「非人間的」な「競争社会」を批判される(中略)もちろんそんなことを外国人に言えるのはピョンヤン在住の超エリートである。餓死する心配のない人たちである。しかし、私は驚いた。
「金の奴隷に 金の奴隷と 言われけり」
 思わずそんなどうでもいい一句まで詠んでしまうほどに衝撃を受けたのだった”

“私が北朝鮮で生まれ育っていたら(中略)もうひとつのあり得た自分、情報の遮断された場所で純粋培養されるイフの自分をいつもあの国の人たちに見て、そして私は驚愕し、怯えると同時に北朝鮮の人と自分は何も変わらないということを再確認していた(中略)逆に北朝鮮の政治の腐敗を知っていながらも自己保身のために放置している労働党幹部と、会社の腐敗を知りながらも必死でそれを隠そうとする日本のサラリーマンは何も変わらないだろう”

“ネット心中にももはや驚かず、いびつな現実の中で生きる私たちと、本気で北朝鮮には自殺がないと信じている彼ら、一体どっちが幸せなのだろうか(中略)情報によって人がいかに変わるか、そのふたつのケーススタディを見せつけられているようだ、と北朝鮮報道を日本で見る自分に対して思う。”

“国のために死ね、なんて今の日本は言わないしそれよりは全然スケールが小さいけれど、くだらないプロパガンダなら四六時中やっている(中略)チュチェ思想のプロパガンダも資本主義のプロパガンダも無限反復や朝から晩まで、というやり方は同じで、北朝鮮を笑う人々は根底のところで同じ構造にハマっているという事実に笑えない”

“日本人にとっての北朝鮮問題と言えば真っ先に浮かぶのは拉致だけれど、北朝鮮の人にとって公式的にもっとも重要な問題は、この数十年変わらず飢餓でも独裁でもなく一貫して「統一」だ(中略)北朝鮮と日本、この両国の人は、絶望的なほど違う次元で話をしていることをお互いに自覚しないと、絶対に平行線のままだろうと思う。両者はお互いの怒りについて知らなさすぎ、それなのに、北朝鮮のマスゲームや律動体操なんかに妙に詳しかったりする日本人もいる。いい年をした大人までもがそういう文脈でしか話をできなかったりする。その反面、北朝鮮では小学生でさえ「統一への願い」というテーマで堂々と演説することができたりする。マニュアル通りの演説だとしても、そこに両国それぞれのいびつさを垣間見る(中略)北朝鮮で何度も感じたことがある、その種のうさんくささ。みんなが意図的に何かから目をそらしているような、そんな空気”

“北朝鮮だったら、国に忠誠を誓うかどうか、それだけで判断される。人民が「核心階層」「動揺階層」「敵対階層」に分類され、さらに細かく五一の「成分」に分けられている。出身成分が悪ければ党に入ることもできず、大学に入学することもできない。そしてその五一成分の中で、自分がどこにいるのか、それさえもわからない。出身成分の悪い家に生まれてしまったら、その時点で人生は決まってしまう”

“拉致問題を知らなかった、或いは知っていても何もしてこなかった多くの日本人がまるで罪悪感に駆られるかのように、拉致問題を積極的に「消費」しはじめた(中略)その光景は、なんだか免罪符を求めているようにも私には見えた。そしてもちろん、私も免罪符が欲しかった(中略)テレビをつければ、相変わらず朝鮮中央放送の、ただ無気味なものを面白がるだけの映像が流れている。北朝鮮に関する新しい情報を、みんなこぞって知りたがってはそれを馬鹿にしたがる。拉致被害者の家族の人々は、北朝鮮への経済制裁を訴えている(中略)「経済制裁」という言葉を聞くたびに、私は胸の辺りが無性に苦しくなる。イラクで経済制裁がどんなものか、自分の目で見たからだ。イラクへの経済制裁は結局フセイン政権を脅かすことはなく、普通の人々だけが犠牲になった。経済制裁下でフセイン政権は一〇年以上持ち、その間、一般の人々だけが苦しみ抜いた(中略)だけど、誰も大きな声で拉致被害者側の人々の言うことに異を唱えられない”


“驚いたのは、そんな戦争と遠い日本から、百人近い人がイラク入りしていたことだ。イラクには約四〇ヵ国から反戦活動家たちが集結していたのだが(中略)日本人が一番多いという結果になった”

“イスラム教徒の男は、イスラム教徒以外の女には何してもいいと思っているふしがある(中略)一方でいたいけな子供の死があったかと思うと、次の瞬間にはただ単に性欲に目をギラギラさせたイラク人たちに出くわす。生と死のコントラストがあまりに濃すぎて頭がクラクラする”

“会見の中盤、ウダイさんは言った。
「二〇〇二年から二〇〇五年にかけて、イラクへの経済制裁の解除もありうる。しかし、アメリカが政治的な問題をしかけるという謀略も充分ありうる」
 ウダイさんのその言葉通り、政治的な謀略はアメリカによってしかけられ、ウダイさんは殺された。そしてウダイさんの言う通り、イラクへの攻撃が一段落してすぐ、一〇年以上に亘ってイラクの人々を苦しめていた経済制裁は解除された。莫大な犠牲のもとに、あまりにも言い訳がましく(中略)あの頃、ウダイさんはどれだけ自分の運命をわかっていたのだろう”

“ウダイさんの命はアメリカによって一八億円と値段をつけられ、そしてその命は本当に一八億円で売られた(中略)そして少なくとも、日本はフセイン政権を終わらせることに賛同して、乗った。イラクの、今生きている関係ない人たちをもこれから殺すというプロジェクトに参加した(中略)イジメ自殺があったり、凶悪な少年犯罪があったりすると、「大人」たちはしたり顔で「命の大切さ」なんかを連呼する(中略)そしてそういうオヤジにも人を殺す少年にも私にも、明確な「命の値段」がついている。命の値段は計算できる。「死亡前一年間の年収×(1−生活費控除率)×(就労可能年数に対応する中間利息控除率)」。これが現体制で決まっている、私たちの命の値段の算出方法だ。学生の場合は平均年収で計算される。これが嫌なら、アメリカの目の仇になればいい。命の値段は殺されるリスクとともに億単位にまで吊り上がるだろう”

“「サダム・フセインが戦争前に六ヶ月分くらいの食料を配給したんですけど、そろそろ切れてくるんですよ。ちょうど治安の悪いこの時期と重なって(中略)それで法学者がジハード出しちゃった日には、天国に行けるんだからバンバン米軍襲撃しちゃうでしょうね。
 向こうの新聞に米軍のインタビューが載ってたんですけど、そこには『見えない敵の中をうろついてる』って書いてありました。だから米軍はちょっとムカついただけで撃ったりするんですよ。パトロールの仕方見てたら襲い放題ですよ。怪しいって思った奴は撃っていいらしくて。あと夜歩いてる奴も撃っていい(中略)盗賊より米軍の方が怖い」”

“「イラクの人は、アメリカ人が嫌いなわけじゃないんですよ。それよりもホワイトハウスとか兵隊がムカつくわけなんですよ(中略)今回の戦争に関しては、目的は石油と武器の実験でしょうって言ってました。
 あと、現地にいる米軍は何もやってない(中略)マシンガン持って、喧嘩売りながら戦車でドライヴしてるんですよ。あと爆撃ヘリで遊覧飛行したり、チグリス川をクルージングしたり、道路を封鎖したりとか」”

“「それでなくても国連には、経済制裁を認めて、その上戦争を止められなかったってことで相当ムカついてるわけで、そういう時に、何やってるかわかんないけどどうもコイツらのせいらしいってなると、キレる対象になると思うんですよ。
 本当に国連と米軍は何をしてるのかわからない。例えば、サウジアラビア軍は野戦病院を作って、そこの警備をしてて、何やってるかがはっきりわかるんですよ。あと国連難民高等弁務官事務所とかもちゃんと仕事してる。だから、何をやってるか一目でわかるところは襲われる対象にはならないんですよ。
 今シンナーがイラクの子供の間で流行ってるんですけど、日本のNGOで、如何にしてイラクのシンナー中毒の子供に絵を描かせるかとか、そんなことやってるとこもありましたからね。国連とかから金もらって。だから他の国連機関が何やってるかだいたい想像つくでしょ」”

“「次いつイラクに行くの?」
 そう聞くと、ナヲキ君はその質問を帰りの飛行機で一緒だった韓国人青年にも聞かれたと言った。その質問に「米軍が出ていったら」と答えたら、ナヲキ君は言われたそうだ。
「お前馬鹿? 日本だって韓国だってあいつらまだ出ていってないじゃん」”

“イラク戦争では、六〇〇〇人から七〇〇〇人の人が死んだと言われている。
 平和な日本では、毎年三万人の自殺者を生み出している。
 イラクで射殺されるか、日本で自分に殺されるか、というナヲキ君の言葉がずっと耳に残っている(中略)私たちはどうすればたくましく生きていけるんだろう”

“この間、雑誌を見ていたら、四年前にイラクに行った時にガイドを務めてくれたイラク人男性がインタビューに応じていた。
 私と同じ年くらいで、絶対に時間を守らなかったルーズな性格の太った彼は、雑誌に掲載された写真の中で少し寂しそうに笑っていた(中略)そんな彼が、バース党員外務省幹部で外国人を監視する任務を負っていたということを、私は日本の雑誌のインタビューで初めて知った(中略)現在三〇歳の彼は、一五歳の時にバース党に入党し、フセイン政権には疑いを微塵も持っていなかったという”

“あの時は、みんながサダム万歳だった。たとえポーズでも、そうしなければ生きていけなかった。それは一種の思考停止状態で、多くの人は他の何かを主体的に選ぶことはしないで良かった。
 だけど今、イラクの人たちは自由な思考を与えられている。イラクにおけるサダム・フセインへの評価がこうもちぐはぐなのは、そっくりそのままみんなの戸惑いに見える(中略)
「例えば今、向こうで自暴自棄になって襲撃とかしてる人って、やることがないんですよ。襲撃してるような人はそれまで普通に生活していた人で、その生活がムチャクチャになって、ムカつくし、やることないし、仕事しようと思っても仕事もないし、仮に頭が良くてエリートだったとしても、そういう人はバース党だったから誰も相手にしてくれない。そうなるともう襲うしかないんですよ。
 僕が国際赤十字に行った時もイラクの人たちがデモやってて、看護婦さんに何やってるのか、何を訴えているのかって聞いたら、『みんなデモ以外やることないからデモやってる』って言われました。そこで訴えていることも、車を返せとか、家を作れとか、メシを寄越せとか、そういうことなんです」”

“そして二〇〇三年一二月、サダム・フセインが拘束された。
 生け捕りされたフセインは髪型もヒゲもそして現金所有というところまで、何もかもが麻原そっくりで私はそのどこかマヌケな既視感に目眩をこらえた。
 フセインが拘束されても、イラクの治安はちっとも回復していない。そんなイラクに今度は自衛隊が派遣される(中略)
「え? みんなすげー志願してるよ。殺到してるよ。だって一日三万もらえるんだよ。しかも三ヵ月で帰って来られるらしいから三ヵ月で二七〇万だよ。給料とは別にだよ。すげーじゃん! その上帰ってきたら出世できるんだよ! すげーじゃんねえちゃん!」(中略)新聞などは、イラクに向かう自衛隊の「誇り」ばかりを強調する。だけど公式な取材では決して聞けない彼らの本音もまたここにある。「一日三万すげーじゃん!」だ。
「死んだら一億もらえるんだって」
 私のその言葉に弟はまた「すげー!」と言ったけれど、次の瞬間、「あ、死ぬのか」とぼんやりした顔で言った”
0
    | books | 2013.09.18 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top