ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みたDVD >>
最近行ったライブ
YANOKAMI

ヤノカミは矢野顕子と故人となったレイ・ハラカミのユニットで、ハラカミが鬼籍に入った今も健在です。
今回は恵比寿リキッド・ルームでの“yanokami indoor festival”と銘打ったライブに行ってきました、しかしオールスタンディングでソールドアウトって状態的に凄いね…最後の方に入ったので観にくいけれどポジション的には割と楽な位置を確保できたのですが、あの真ん中で人に囲まれて立ちっ放しなんて長距離ラッシュアワーみたいだよ!

今回のゲストはお馴染みU-zhaanだけでなく、砂原良徳(旧まりん)とイルリメと森下真樹…イルリメはRIP SLIMEのメンバーかと思ったら違うらしいけどラッパーで、森下は幕間にコミカルなパフォーマンスを披露した他に演奏中も何曲かでアドリブっぽい振り付けで踊っておりましたが基本的にゲストはバラバラ出演。
矢野顕子のみがステージ出突っ張りで、最後の方はMCで息を切らせてました。

僕は柱の陰になってピアノに座る矢野は一切見えず、ツレは逆に矢野だけ見えてゲストは見えなかったようで…だけどまぁ僕は手すりにもたれながら半分以上は目を閉じて揺れてたし、ユザーンのタブラ演奏はよく見えたから全然オッケー。
あとショルダー・キーボードでワイルドにプレイする矢野顕子も見れたのでね、今回は本当に矢野のハラカミを思う気持ちが絶えず激しく伝わってきて何度も僕は泣きそうになりました。

相変わらず悪気なくゲストを追い詰める矢野MC、ハラカミと共演してた頃から上下関係に動じないユザーンのドライなコメント!笑
そしてツレ曰く「ハラカミの曲を唯一完コピ出来る」砂原がハラカミのトラックをリアレンジしたナンバーに、却ってハラカミ自身の音源が持つ独自性を再確認させられたりもしました。
しかしソロであれ今までのヤノカミであれ、今回ほどテンションの高い矢野顕子は初めて見ましたよ…アンコールの後まで上がりっ放しの彼女に、また来年もヤノカミとして逢いたいなと温かな気分になりました。

ただ個人的にはイルリメの「頑張ろう日本!」的なラップは醒めました、そーゆーノリで元気出るって人だっているんだろうけどね。
それと今回はカバー曲が多く、前回も演ったストーンズの「Ruby tuesday」とデヴィッド・シルヴィアン坂本龍一の「Bamboo music」以外にもオフコースの「Yes, yes, yes」をカバーするとは!…ツレ曰く「それらは3枚目に入ってる」そうでして、要するに僕の不勉強だった訳ですが。笑
ハラカミ亡き今、遺されたトラックは多くないけれど近々ニュー・アルバムがリリースされるそうです。
楽しみ!


追記:今ってフライヤーはライブ終了後にまとめて手渡されるのねぇ、それはともかく・・・このライブのフライヤーは作りが酷く雑でした、こないだの「デザイン・ルールズ『文字』」読んだ方がいいよ?笑


関連記事:
【最近聴いたCD】yanokami「yanokami」Rei Harakami「Lust」| 2007.11.09
【最近行ったところ】「矢野顕子さとがえるコンサート2007」| 2007.12.16
【最近聴いたCD】YANOKAMI「YANOKAMICK」| 2008.09.30
【最近行ったライブ】U−zhaan × rei harakami| 2010.12.12
【最近行ったライブ】YANOKAMI x U−zhaan| 2011.12.15
0
    | visited / plan | 2013.09.29 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top