おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
CYMBALS「Anthology」

シンバルズは現(?)FROGの沖井礼二が土岐麻子らと組んでいたギターレス3ピース・バンドで、本作は'03年にリリースされたベスト盤ですが「Selected Best Album of Victor Years」とあるようにインディーズ・レーベルから出していた「Neat, or Cymbal!」とか「Missile or Chocolate」などの曲は含まれてません。
シングル中心にセレクトされた全21曲約75分、メジャーから出したフル・アルバムは確か3枚ほどだった筈ですがベスト盤の名に恥じない捨て曲なしの構成!

ギターレスとはいえギターの音は鳴ってますしキーボードも入ってます、というかアルバム毎にガラリとスタイルが変わるんですよね…乱暴に言えば1枚目はシブヤ系で2枚目はエレクトロ系で3枚目はジャズというかA.O.R.っぽいのですよ、ミニ・アルバムは未聴なので何とも言えませんが。
どの曲も聴きどころは沖井の作曲&アレンジと彼のベースラインですね、作詞もほとんど沖井が手掛けたと思いますが特に1枚目からの「Rally」をはじめ「My brave face」「Do you believe in magic?」などは個人的に最高!

ちょっと記憶が定かではないけれども、2枚目はドラマーの意向が反映されてエレクトロ調になり3枚目は土岐の意向でジャズ/A.O.R.色が強くなったんじゃなかったかな…結成当初のコンセプト「可愛くて意地悪、だけどパンク」からは離れていった気もしますが沖井の柔軟なコンポージング能力には感嘆を覚えます。


関連記事:【最近聴いたCD】CYMBALS「REQUESTS!」| 2011.02.24
0
    | music | 2013.10.01 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top