ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
いがらしみきお「イカは美しい 食べてもうまい」

初版'94年の「いがらしみきお自選集(三)」だそうで、講談社の「さばおり劇場」と竹書房の「ネ暗トピア」と実業之日本社の「あんたが悪いっ」と白泉社の「いがらしみきおの『しこたま』だった!」からの選り抜き作品が収録されております…初出は'83〜85年頃、つまり「ぼのぼの」よりも全然前の作品群です。
ふと「家宝」を再び読みたくなってAmazonで著者検索かけたら肝心の単行本はヒットせず、代わりに見つけたのがこの「自選集」だったという次第であります。

著者は今で言う「不条理四コマ」の草分けだと思います、当時の衝撃は僕にとって大友克洋の「童夢」以上だったかもしれません。
といっても十代でエロ漫画を読んでた訳じゃなくて、既に書店に並んでいた単行本で知ったのですけどね。
もちろん喜国雅彦の「傷だらけの天使たち」よりも前で、画期的ではありましたが面白さに激しくムラがある漫画家という印象でした…四コマに収められた下品でシュールでスラップスティックな笑い、その中で最も安定してクオリティが高かった作品集が「家宝」だったと僕は思います。

そういう意味では、やはり本書は物足りないのです。
それに漫画に限らず同じ路線の笑いが一種のパターンと化している今からすれば、もはや鮮度も失われている気がします…かれこれ20年以上経っていても覚えている話が結構あって、どんだけ立ち読みしてたんだと我ながら思いましたが。
だから「ぼのぼの」以降のファンが読むには好いのでしょう、まぁエロネタに抵抗ある人はドン引きか?笑

休筆中は本当にホラー劇画を描いてたらしいですが、それは未完になってたんですか…気付いたら「ぼのぼの」でカムバックしていてニヤニヤしたものです、しかし巻末のインタビューで聞き手を務めている編集者の意見がメジャー路線への契機となっていたとはね!
個人的には「ぼのぼの」が流行った時から、きっと女性読者が抱くであろう著者イメージを想像するだけでも痛快でしたが…インタビューを読んで、思ってたよりもクールな著者の発言にますますシビレました。笑
いがらしみきお


「いがらしみきお自選集(二) 私はたいがいの場合正しかった」

関連記事:
【最近読んだマンガ】いがらしみきお「今日を歩く」| 2016.07.13
0
    | comic | 2013.09.23 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top