ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ジェームズ・レッドフィールド(著)、山川紘矢+山川亜希子(訳)「第十の予言」

再々読ですしばらく前に読み返した「聖なる予言」から続けて読み始めていたのですが…どうしても集中力が持続せず、その間に他の本ばかりスイスイと読み進んでおりましたよ。笑
なんでしょうねぇ、やっぱり本書には心のどこかに抵抗感があるみたいです。
前作「聖なる予言」次作「第十一の予言」もグイグイ引き込まれるのに、何故だか本作は進みが遅くて。
“動物たちの導き”にも“あの世の話”にも、そして“世界ビジョン”にも抵抗はないと思うんですがね、どうも読んでると重くて。

前作で第九の予言を体現して肉体のバイブレーションを高めたウィルは、あの世とこの世を行き来できる光の存在として再登場し主人公のガイド役を務めます…舞台は南米ペルーからアメリカ中西部に移り、現在は国有林に指定されているアメリカ・インディアンの聖地ボルテックスで進行する恐怖の陰謀がストーリーの要として機能しています。
前作は「個人の内面的な成長」の物語であり、本作は「他者との和解と協調」といったところでしょうか。

まぁ確かに違和感を覚えるのは、いかにもキリスト教圏らしさといいますか…なんか教条主義的な上から物を言われてる感じと、アメリカらしい向上精神かな。
もしかしたら僕に欠けている協調性を、そこに要求されている気がするのかも?
いずれにしても原書が出版されて17年が過ぎてしまった今となっては、この搾取と暴力の二極化現象に対して(まだ間に合う)と思えた時代が懐かしい限り。笑
いい感じに肩の力が抜けた今だからこそ、勝ち組ワールドが微笑ましいのかも?


関連記事:【最近読んだ本】「第十の予言 ポケット・ガイド」| 2008.06.24
     【最近読んだ本】「人生を変える力」(第十一の予言)| 2009.01.31
     【最近読んだ本】「第十の予言」| 2010.02.18
     【最近読んだ本】「聖なる予言」| 2011.04.01
     【最近読んだ本】「第十の予言」| 2011.04.22
     【最近読んだ本】「聖なる予言」| 2013.06.02
     【最近読んだ本】「第十一の予言」| 2014.01.04
     【最近読んだ本】「第十二の予言 決意のとき」| 2014.01.13


以下、今回の個人的メモ。
“この知恵はまだ、物質的な次元には現れてはいないのだ(中略)情報はまずあの世に存在し、物質的な次元で十分に取り入れられるようになった時、誰かそれを書き記すことになっている人物によって、文章として著されるのだ。だからこうした書物は、神から与えられたと言われている”

“世界は群集心理へと堕落しつつあります。ねたみと恨みに支配され、ずる賢い山師たちに動かされています。それを止めようとしても手遅れです。もう一つ教えましょうか? 誰も本気で心配していないのです。誰もね!(中略)世界はあまりにも早く変化しています。誰も追いついてゆけません。だから私たちは一番になることだけを追い求め、遅くなりすぎないうちに、できるだけ早く取れるものを取っておこうとするのです。この傾向は文明全体、あらゆる職業のグループに浸透していますよ”

“われわれのシステムでは、すべての人は公正な裁判を受ける権利があります。しかし、弁護士は公正と正確さを保証するために頼まれるのであって、どんな手を使ってでも、依頼人を無罪にするために真実をまげ、公正を傷つけてもいい、ということではなかったはずです(中略)彼らがこんなにもひどいことを平気でやれる理由は、誰も気にしないと思っているからです。そして、確かに誰も気にしていないんですよ。他の人もみんな同じことをやっているからです”

“肯定的な態度は健康でいるためにはとても大切ですが、こうした態度が十分に効果を発揮するためには、自分自身をよく知り、強がりからではなく、愛から出ている必要があります。私が思うには、表現されない恐怖は体のエネルギーの流れを妨げる妨害物を作り出し、こうした妨害物が結局は問題を起こすのです。私たちがきちんと対処するまで、恐怖は次第にひどくなりながら何らかの形で現れ続けます。身体的な問題はその最終的段階なのです”

“最初のステップは、まず病気やけがに関係している怖れを見つけ出すことだと思います(中略)次のステップは、できるだけ沢山エネルギーを取りこんで、そのエネルギーをブロックのある場所に集中させることです(中略)あなたの意識を痛みに集中して、痛みをできるだけ感じるようにしてみなさい。痛みの正確な位置を見極めなさい(中略)痛みは何かがおかしいと私たちに知らせるだけでなく、もう一つ別の役割も果しているのです”

“文化が変化してゆく時、古い確固たる信念やものの見方が崩れ始め、新しいものへと進化し始めると、人々は不安を感じます。しかし、これは長期的なものではなく、短期的なものです。ある人々が目覚めて自分の内なる愛とつながり、それを保ち続けることによって、急速に進化し始める一方で、他の人々は、あらゆることがあまりにも早く変わってゆくので、自分がどこに行くのかわからなくなり、とても不安に感じます。こういう人々はますます恐怖が強くなり、自分のエネルギーを上げるために、もっとまわりを支配しようとします。これが恐怖の極化現象といわれるものですが、これはとても危険なことです。恐怖にかられた人々は、極端なやり方を正当化するからです”

“セレスタイン五世は十三世紀後期の法王だ(中略)彼らは高次の意識を獲得するためには、文明を離れ、自然の中で黙想する生活にもどらなければならないと信じていた。セレスタイン法王はこの考えを支持し、彼自身も洞窟で暮らしたこともある。のちに彼が退位させられると、神秘主義的な宗派の大部分はグノーシス派だときめつけられて、破門されてしまったんだ(中略)彼らは初期のキリスト教信者だった。彼らは、唯一の神を信仰する者は、イエス・キリストを単に崇拝するだけではなく、イエスが霊的に神とつながったように、自分たちもイエスと同様に神とつながるよう努力すべきだと考えていた(中略)初期の教会は、イエス・キリストは誰もができる生き方を身をもって示した、という事実を怖れたからだ。これこそ、聖書の中で言われていることなのだがね”

“「たとえば、連続殺人犯でさえも、実は何か良いことをしに、ここに来たということですか?」
「そうだ。元々はね。すべての殺戮は、心の中の恐怖と絶望感を克服するための狂ったはけ口なのだよ(中略)こうした恐ろしい行為は、初めから悪者だと思いこむわれわれの考え方によって引き起こされるということだ。こうした考え方は二極化に油をそそぐような誤った見方なのだよ。両方とも相手のことを、もともと悪者でなければ、人間はそのようなことはできないはずだと信じ込んでいる。そのために、彼らはますますお互いの人間性を奪い、疎外しあってゆく。そしてそれがさらに恐怖を増幅させ、人々の中の最悪なものを実現させてしまう」
「私が思うには、悪の本質と、地獄の現実を理解しなければ、われわれは世界ビジョンを地上にもたらすことも、二極化を解消することもできないだろう」
「なぜなら、地獄は今まさにわれわれがいるところだからさ」”

“彼らは自分が感じている孤独から来る不安を押しのけ、心に何も感じなくさせるために、自分が知っている唯一の行動をただくり返しているのだ(中略)この世には組織された陰謀的な悪とか、悪魔の仕業などはない(中略)あるのは人間の恐怖と、それを避けようとする奇怪なやり方だけだ(中略)われわれは悪魔という概念を、ある人々は生まれつき悪者であるから、われわれと意見を異にする人々の人間性を無視し、剥奪してもいいのだと考えるために、利用しがちだ”

“どんなに暴力的な人間であっても、そのドラマから自由になる可能性を持っている(中略)リベラル派の人たちは、虐待や抑圧を受けて育った人々が、彼らの環境の犠牲者であるとする点では正しい。保守派の人々はまったく同情心を持たず、それは本人の責任の問題だとしか考えていないのだからね(中略)暴力行為に走る人々に対して、常に更正の試みは行われているが、良くても、表面的なカウンセリングぐらいのもので、悪い場合にはほんの形式的なものでしかない。問題のあるコントロールドラマを持つ人々がこうしたリハビリを受けて、何の効果もないままに釈放されると、必ず、彼はそのドラマをやり続け、自分の悪業は大した問題ではないという確信を強めてしまう”

“われわれの問題は、汚染源の監視を政府に頼ろうとしていることです(中略)気がついた市民が、ビデオカメラを持ちだして、そうしたことをしている人たちを自分たちの手で捕まえる手段に出るまで、止まることはありません”

“「最も金を儲けるためには、どんな製品やサービスを作ることができるだろうか」と問うかわりに「人々に自由と情報をもたらし、世界をより良い場所にするために、そして繊細な環境のバランスを保存するために、自分は何を作ることができるだろうか?」と問い始めるのです(中略)「私たちは何を作り出しているのだろうか? そして、それは、そもそも科学技術が発明された目的に沿っているだろうか?」”

“あちら側では、彼らは何ごとも瞬間的に実現し、瞬間的に消滅する幻想の世界に住んでいます。現実は常に不確実であり、そのため、多くの魂のグループは孤立して、お互いに共鳴することができずにいます。あちら側には、私たちの世界にあるような、全員に共通する安定した土台や背景となる自然界や原子構造が、存在していません。私たちは、この土台や背景の上で起こるものごとに影響を与えますが、思考の実現には時間がかかり、また、未来をどのようにしたいか、集合的な合意に達しなければなりません。あちら側の次元の魂のグループを統合するのもまた、この合意であり、地球上のビジョンの統一なのです。だからこそ、地球の次元はこれほど大切だと思われているのです”

“私たちは、今、何が一番大きな問題か、新たな光の下で理解できるようになったからである。夫と妻のいさかいや、若者たちの麻薬中毒や、権力争いから生ずる殺し合い、あるいは安易に金を得るための使い込み、横領、詐欺等には、必ず誰かそのような事を防ぐことができる立場にいたのに、それを防ぐための行動をとり損なった人がいたのだ(中略)貧困や暴力と同じように、環境汚染の場合も見て見ぬふりをしている傍観者がいることに、人々は気がついた。自分では決して環境を汚染しない人々も、地球の生態系を破壊している工事や産業に、知らないうちに加担しているという事実もわかり始めた”

“動物は、われわれ自身の意識や期待のレベルを反映しているにすぎない。われわれのバイブレーションのレベルが低いと、動物はただ普通の生態学的な機能を果して、そこにいるだけのことになる。生物学者が動物には心がなく、本能だけだと決めつけると、自分自身が動物に押しつけた限界しか見えなくなる。しかし、われわれのバイブレーションが上がると、われわれの近くにやってくる動物の行動は、とても神秘的で示唆的なものとなるのだ(中略)われわれの意識は、その時代に生命の発達の最先端を代表している動物の中に宿り、さらに次のものへと飛躍してきたのだ。(中略)ある特定の動物が近くに寄って来る時は、その動物の意識を自分の覚醒した意識と再び統合させる準備ができている、ということを意味している(中略)これはまた、世界中の様々な文化に代表される人間の思想の多様性についてもあてはまる。人類の進化の現時点においては、真理がどこにあるのか、正確には誰にもわかっていない”

“他の人々を敵とみなしている時には、必ずそのことに気がつかなければならない。自己防衛や、他人に制限を課すことは許されるとしても、もし自分以外の人々の人間性を認めないならば、恐怖はますます増大してゆくだけだろう”

“なぜ、すべての宗教は祈りという形式を持っているのだろうか? もし、神が全知全能の唯一の存在であるならば、われわれはなぜ彼の助けを求めたり、彼に何かをして欲しいと頼んだりするのだろうか?(中略)その答えはこうなのだ。われわれが正しいやり方で祈る時、われわれは神に何かして欲しいと頼んでいるわけではない(中略)真の祈りとはわれわれが神の意志を識別し、それを物質界で実行するための手段なのだ”

“期待とは、われわれが思い描く未来を実現させる力となって外へ広がってゆく祈りなのだ”
0
    | books | 2013.10.12 Saturday | comments(2) | trackbacks(0) |
    深夜にてこちらで。
    ブログ下部のページ送り実装完了です!
    | ぴょん | 2013/10/12 1:09 AM |
    ありがとう!
    | tom | 2013/10/12 9:03 PM |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top