ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」

再読です、というか通しで読みんだのは久しぶりですが断片的には度々読み返しておりました…かや書房より'91年に刊行された短編集で、副題には柳田國男(邦男じゃないよ!)による「願わくは之を語りて平地人を戦慄せしめよ」という言葉が記されております。
でも別に柳田が本書を推して、この言葉を遺したという訳ではないんですよね?…柳田の没年から考えて辻褄が合わないなと思ったのですが、あまりにも本書の内容に相応しいので本当に柳田の推薦文ではないかと思えてくるほどなのです。

本書に収められた6話のうち、最後の表題作のみが「山の祠に供えられた虎魚」という意表を衝いた視点から語られる創作で…他5話は「著者本人らしき“山村の労働や生活習俗などの調査”を行う“在野の一民俗研究家”が聞き取った風聞」という体裁をとっており、あとがきも解説もないので実際の採話かは判断が難しいところですが少なくとも「完全な作り話」ではないのではないでしょうか。

“埼玉県の西端、群馬、長野、山梨の四県に接する山間辺地”という、秩父大滝村の中津川部落周辺が共通の舞台となっております。
第一話は、俗に言う“天狗の腰かけ松”を斬り倒そうとした杣人の語る過去。
第二話は、昭和30年に不可解な死を遂げた山師とオゴジョにまつわる因縁話。
第三話は、俗に“山の神の遊び場”と呼ばれる山中の忌み地を汚した猟師が息子にのみ語り残した怪異。
第四話は、魚掴みの名人が語る消え失せた愛娘と沢の大魚にまつわる悲しい話。
第五話は、山の神木を伐ろうとした流れ者の作業員に振りかかった恐怖の顛末。

本書の語り手は、これらの話を昭和四十年代後半に現地で山仕事を生業としてきた老人やその縁者などから聞かされたそうで…昔話や民話の採集に各地の村を訪ねた松谷みよ子の本で読んだ、本書の話が採集されたほぼ同じ時代にご存命だった方々の非現実的な体験談を思い出しました。
そしてその場で語り聞かされているような緊張感あふれる文章表現の、特異な空気を描写する筆力は何度読んでも色褪せません。

“山で暮らす人間が山に対する信仰を捨て、破壊の斧を向けたとき、自然は、人間には計り知れない巨体な生命力と意志を秘めて牙をむく。そこには一片の温情も慈悲もない。あるのはただ激しい憎悪と怨念に満ちた残虐なまでの報復と制裁だけだ。人間はそのとき、いまさらながらに自然界の曖昧模糊としたイメージの裏側に潜む、底知れぬ妖異と力に慄然とし、恐怖に戦慄する。そして、成す術もなく、ただただ罪業を悔い、祈って、怒りが鎮まるのを待つしか手だてがなかった”
自然を畏れ敬う姿勢を失った者への天罰は小気味よくもあり、しかし我が身を質される思いに心震えます。


追記:Wikipedia情報によりますと「願わくは〜」は、柳田國男自身の著作「遠野物語」で述べている言葉であって、やっぱり本書と直接の関連性はなかったようです。
0
    | books | 2013.10.15 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top