ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近やったゲーム >>
最近みた夢
居酒屋キャッツ・アイと夜道の少女ファイト


よく知っている居酒屋に何かを届けに行き、開店前の下準備を手伝う僕。
その店も店員も実在するが、場所は近場に移転している設定になっている。
そして実際にはいない3姉妹が店を切り盛りしていて、これが「おっとり長女にシッカリ次女に陽気な三女」と典型的キャラ…しかも顔は美形としか覚えてないけど、髪型が長女はパーマで次女はストレートで三女はショートと後から思えば漫画みたいなのだった。

長女は我関せずというか上の空っぽい感じだが次女は僕を気遣って「手伝わせたら悪いわよ…それに遅くなっちゃうと良くないし」的な言葉をかけてくれて、三女は「いーのいーの、本人が手伝うってんだから」と言動もまたお約束な展開。
僕は次女にデレデレで「いえいえ本当お構いなく!」などと、調子良く手伝っているうちに日が暮れてしまい…すると妙に気まずい雰囲気が漂い、次女が途中まで送ってくれる事になる。

実は夜になると店の近所にある市場が始まってしまうので、トラックで渋滞する前に倉庫だか彼女たちの家だかまで車で行きたかったらしい…国道を使わずに行くルートを訊かれて教えようとしたのだが、夢の中なので頭に靄がかかったように具体的な考えが浮かばず何の役にも立たず終い。
更に日が落ちてからは3姉妹の店と対立関係にある連中が周りをうろつき始めるので、僕を独りで帰すという訳にもいかなくなってしまったようだ。
現実であれば恐縮したり緊張したりしそうな状況なのだが、僕は平然としていて(次女と二人っきり)と思って勝手にワクワクする。

市場の方向には祠か鎮守の巨木があって見通しが悪いとの事で、店を出て右に行く道を次女と歩く…と、数分も行かないうちに絵に描いたような暗い夜道となって敵グループが並んで正面を塞いでいるのが見えた。
黒い服を着た十代半ばの少女ばかりが、等間隔で掛け声を発しながら一歩ずつ前進してくるのは異様だったが…次女に一歩遅れながら、こちらも少女たちの発声に併せてジリジリと進む。

夜道に響く声と共に突っ切ってゆくと、次女は緊迫した口調で振り向きもせずに「貴方も手加減しないでやらないと逆にやられるわよ!」と僕に言ってきた。
なので少女たちの掛け声で前に進みながら近くの少女たちに正拳突きを当てていくのだが、次女本人は手出ししないしされていないのを見て僕は気が咎めた。
僕に打たれた少女は微かにくぐもった声を洩らしながらも平気そうに振る舞い、次の掛け声で僕の背中には複数の少女から拳が突き当てられたのを感じた…それ自体は痛くないのだが、肝臓だか脾臓だか内臓にダメージを与えられた感じが。

そのように一歩また一歩とすれ違ってしまうと、拳法少女たちは僕たちを気にせず真っ直ぐ夜道に消えていった…何事もなかったかのような次女に見送られて僕は家路に就き、高架の下の暗闇を通過する辺りで意識は途切れた。


夢は最近よく見ていたのですけど、久しぶりに鮮明な記憶を保ったままで目が覚めましたよ…それにしてもキャッツアイ設定は心当たりなさ過ぎるな、それと僕自身の言動にもリアリティーがないというか色々と僕らしくないのも不思議。
拳法少女の集団は夢から覚めてみると不気味です、なんか行者が印を結んでるような感じもしてきて…しかし拳を当てた時の手応えや、彼女たちの苦痛を堪える表情とかは生々しかった!
一種の悪夢になるのか、悪夢って程でもないのかな…まぁ後半は気持ちの好い展開じゃあなかったけど、とりあえずは無事に帰れたから好かったって事かな?笑
0
    | in sleep | 2013.10.13 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top