ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 昨日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「EVENT16」

“過去から来た男が彼女を殺す”…タイム・トラベルSFのサスペンスとはいえ、これだけじゃ先日の「LOOPER」みたいだと思われるでしょうがさにあらず。
あらすじでは作品が分からないというのが、映画のユニークなところですなぁ。
デレック・ピアーソン監督、やたら日本語が上手いと思ったら奥さんが日本人なんですね…私財を投げ売って9年がかりで本作を完成させたそうで、妻子がニュージーランドに戻ってきたのなら好いのですけども。

約1世紀前の建物の解体中、地面の下から三菱のランクルが発掘される…同型らしきランクルに乗る正体不明の男たちから密かに監視されている主人公が、時間を超えるゲートを発明した事で物語は動き始めます。
彼らは何故、ゲートから逃げ込んできた19世紀の殺人犯に主人公の彼女を殺させようとしているのか?
丁寧に謎解きを見せる映画じゃないし、ハリウッド大作とは対極的な粗さには意見が分かれる作品ですな。
基本的に映像や音の処理はアドビ製品で行っていたようで、そういった部分でも手作り感が高いSFです。

不自然に加工された色彩の画面に惹き付けられますが、これはSFXの映像合成を自然に観せるための工夫かもね…アクション・シーンなどに低予算映画というより自主制作映画を思わせるぎこちなさがありましたが、最新のSFXと古典的な特撮技術が同居している苦肉の策には不思議なユーモアを感じたりしました。
そりゃあ批判ならいくらでも出来るし万人向けではないのだけれども、まだまだ映画という物語の手法は面白くなっていきそうだって僕はワクワクしましたよ!


〈ニュージーランド映画〉関連記事:
【最近みたDVD】「世界最速のインディアン」| 2013.03.01
【最近みたDVD】「ワイルド・ドライバー」| 2018.04.08
【最近みたDVD】「移動都市/モータル・エンジン」| 2020.03.19


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Event 16 Preview Trailer』(amazonレビューでは偉そうにこき下ろされてますが、二度観しても辻褄あってない気がして三度目で納得したりも。未来世界や事件の謎は謎のまま、だけど男たちが負っていたドラマを想像させる観せ方は上手いんじゃないかなぁ?)
0
    | cinema | 2013.11.16 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top