ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
JAPAN「Tin Drum」

本作もまたポリスの「Ghost In The Machine」と同じく'81年リリース作だったのですな、最近また流行った大きめウェリントン眼鏡をかけたディヴィッド・シルヴィアンが毛沢東の写真を貼った中国風の食卓で箸を使うモノラルのジャケ写はインパクトがあります。
邦題「錻力の太鼓」は原題の直訳であり、かつ当時公開されたドイツのモノクロ文芸映画のタイトルを意識していたのではないかと思います…成長が止まってしまった少年の物語だったと思いますが、印象に残っているのは浜辺に打ち上げられた馬の死骸から鰻が涌き出すグロ場面だけです。笑

本作もポリスの「Ghost〜」同様、当時はFM番組の新譜紹介をエアチェックしたカセットで聴いていました…ただし全曲オンエアされなかったのか、こうして聴いてみると大半は初めて耳にする曲でした。
ポリスが「Ghost〜」でシンセサイザーを導入したように、本作もシンセが特徴的です…といっても彼らの場合はシンセを導入した事ではなく、その音色にYMOの影響が色濃く感じられるという点においてです。

グループ名が関係したのか彼らは日本でも女子には人気がありましたが、そのファン層は大抵YMOの教授ファンでもありました…特にディヴィッド・シルヴィアンとスティーブ・ジャンセンの兄弟は少女漫画から抜け出てきたような容姿端麗ぶりで、逆にそのルックス故に音楽性を過小評価されてしまったのでした。
彼らとYMOの間柄がどのようなものだったのかは不明ながら、直接的な交流があったんじゃなかったかな…というのは、ロック雑誌を何冊か購読していたものの彼らは眼中になかったしミーハー女子にも(ケッ!)と思っていたからでした。

本作が彼らの実質的なラスト・アルバムとなっていた事も割と最近まで知らなかったし、耽美的な作風の前作からポップでビート感のある本作へ至る経緯など知る由もありません…ポップといっても単調な楽曲なのではなく、彼らの耽美性に躍動感を加味したといった程度の意味合いですけど。
個人的には特にミック・カーンのフレットレス・ベースによる独創的なラインが、本作の楽曲では本領発揮という感じで面白いです。
明らかに初期YMOっぽいシンセ音だけでなく、ドラムの音やパターンも若干ユキヒロを連想させますね。

愁いを帯びたデビシルの歌唱やデカダンスな音楽性といったジャパン元来のスタイルと、フレーズや効果音で演出される極東らしさがハイブリッドした楽曲はどれも聴き応えがあります…まぁ今となっては色々わざとらしいにせよ、それでもデッキの再生ボタンを押し続けてしまう摩訶不思議な麻薬性を漂わせてますね。
僕的には捨て曲なしで「Visions of China」が最高です、好みはあるにしても一聴の価値はあるのではと。


関連記事:
【最近聴いたCD】デイヴィッド・シルヴィアン「オンリー・ドーター ブレミッシュ・リミキシーズ」| 2008.02.24
【最近聴いたCD】ミック・カーン「スリー・パート・スピーシーズ」| 2009.08.21
【最近聴いたCD】JAPAN「孤独な影」| 2011.07.05
0
    | music | 2013.11.12 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top