ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みたDVD >>
最近読んだマンガ
井上雄彦「バガボンド」34巻

前巻ラストの常磐橋での大立ち回りから小倉藩に5人目の剣術指南役として迎えられる小次郎、他の4人と試合う事になりました。
武蔵はといえば相変わらずの旅烏、未だ胸中に去来する吉岡一門七十人斬り…吹っ切れては迷い、迷いから悟りつつ辿り着いたあばら家で孤児と暮らします。
今回、派手な立ち回りはありません…もはや兵法は抜刀の必要がないレベルに達したのでしょうな、特に武蔵は内面のモノローグで話が進行していく感じです。

しかし正直、この迷い武蔵の独り言は小次郎エピソード進行に合わせる時間調整っぽい気がして…まぁ都合よく剣の境地には達せないにしても、中弛み感がね。
もうちょいで巌流島かなぁ〜、と思いながら付き合って読んできた訳ですが…ふと重大な疑念が生じてしまい、やはり最後までは目が離せなくなりそうです。
武蔵の方が小倉藩の兵法指南役になって五輪の書を遺したんじゃなかったっけ?

まぁ吉川史観もだけど武蔵の事だって知らないに等しいからなー、どこら辺に巌流島もあるのか知らないし…そもそも小次郎が聾唖という設定では自ら島を目指したり「遅いぞ武蔵!」なんて展開は考えにくいもんね、いずれにしても武蔵が最期に辿り着く境地を如何に描くのか興味津々です。


前巻

関連記事:
【最近読んだマンガ】宮本武蔵(原作)「コミック版 超訳 五輪書」| 2011.04.23
【最近読んだマンガ】井上雄彦「BUZZER BEATER」1巻 | 2013.02.22
0
    | comic | 2013.11.10 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top