ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
久世番子「よちよち文藝部」

(なんか見た絵柄だなぁ)と思ってたら、なんと「暴れん坊本屋さん」の作者でしたか…で、本屋のバイトを辞めて一本立ちされたと。
それはさておき、初出は'09〜12年の別冊文藝春秋。
主に取り上げるのは15名の大文豪、こういうクラシックな作家って基本的に避けてきたので特に興味はないけれども人となり位は知って損はないよなぁ〜と。

よく最近のロックとかを聴いては(新しくねーぞ!)と不満ばかり抱いている僕ですが、こういった純文学のスタンダードとされる作家たちを読んで育った世代からすれば僕が面白いと思っている作家たちもまた同じく(新しくねーぞ!)とか思われているのかなぁ…そんな風に少し考えてみたけれど、やっぱり音楽と文学じゃスケールが違う訳です。
それに僕、純文学って読まないし面白いと思ってないもんね…それは昔と今のクラシック音楽を比べるような話だもんな、まったく僕には無縁な世界ですよ?笑

流石に100年前しかも戦前の感覚ですからね、作者もバンバンぶった切ってネタにしちゃってます…トリは文藝春秋の創始者でもあった菊池寛、しかしオチで「ありがとう新○文庫!!」って言っちゃっていいの?
夏目漱石「坊っちゃん」はイタい奴だし、森鴎外「舞姫」主人公は真性ヘタレだし…かなり笑えるのは川端康成「雪国」の“びっくりするくらいヤマもオチも無い”って元祖やおい的な紹介から、使えない注解に(曖昧な性描写を現代的ぶっちゃけ表現で要約)プレイで単なるヤリ逃げ旅行記かよ!っていう展開だな。笑

大岡昇平から“おたんこなす”呼ばわりされる中原中也は元祖「なんか写真と違わない?」だし、近頃ジブリアニメで話題の堀辰雄は芥川龍之介から“ほりたつちゃんこ”と渾名されるわ立原道造に「ドーゾーのバカ!速達の不足料四十七銭也とられたぞ癪だから詩なんか書いてやるもんか」なんて手紙出すわ…太宰治を「嫌い」と言ったら「あいつのパンツ汚れてるぞ」と返されちゃった変態元気な三島由紀夫、三女の下痢でシメた「細雪」の谷崎潤一郎はスカトロ足フェチ野郎っと。

日本の文豪って基本アウトサイダーなのねぇ、そんでもって彼らの小説って今となってはショボい自慰作文なのではありませんか?
まぁ実際に読んだ訳ではないので勝手な印象ですけどね、教科書に載せるなら三島より新しい時代の作家にした方がいいと思うよ!笑
0
    | comic | 2013.12.01 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top