ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
星川淳「精霊の橋」

本書は過去に2回ほど読んでいて、それは星野道夫の「森と氷河と鯨」を購入した頃だったように思います…(いつか買おう)と思っているうちに本書は絶版となり、文庫本として再発された時は改題されていたのが引っ掛かって手を出しそびれたままだったのです。
だけど先日「森と〜」を久しぶりに読み返たらすぐに本書も読み直したくなり、図書館にもあるのは知っていましたが好い折なので単行本で購入した次第です。
しかし文庫本の「ベーリンジア」こそ著者が本来望んでいた題名だったとは知りませんでした、本書でも表紙には「Beringia」の表記が入ってはいますけども。

毎回、最初は読みづらく感じますね…エッセイストによる初めてのフィクションという事よりも(現代の由季の目線を通して遥かな過去のテマラが語り継ぐユカナの物語)を描くという複雑な入れ子構造によって、意図的な混乱が仕掛けられている気もしてきますが。
しかしそれも、この遠く隔たった二つの世界にかかる物語の中へランディングするまでのトリップですね。
個人的には、巻頭の地図を見開きにしてユカナの足どりを分かりやすくしてくれたら読みやすかったなぁ!

本書が出版された時点では星野道夫は生きていて、あとがきでも謝辞が述べられています…結果的にベーリング海峡を逆に辿った星野は本書の物語に触発されたのか、もしくはビジョンを共有していたのですかね?
星野の「森と氷河と鯨」は現代のアラスカからベーリング海を隔てた西岸へと神話を追ってゆく写真エッセイで、本書は太古の昔にベーリンジアを東進するフィクション…この2冊は非常に対称的な構成ではありますが、まるで対をなす物語のように思えるのです。
書棚に並べた時、僕は何というか不思議な安堵と穏やかな喜びを感じました。

何十年に一度の大オーロラが舞う満月の星空、氷海のシャチと雪原のオオカミが共に歌う光景…泣きながら歌い踊るユカナのよろこびを、何度も胸に沁み渡らせてゆきたいと思いました。


関連記事:【最近読んだ本】有馬清徳「ベーリング海峡 有馬清徳写真集」| 2014.03.05
0
    | books | 2013.11.29 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top