ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
千足伸行「すぐわかる20世紀の美術――フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで」

東京美術という出版社の「すぐわかる」シリーズで初版は'08年、だけど紹介するのは70年代まで…僕を現代美術に目覚めさせたジョージ・シーガルは辛うじて載っていますけどフランシス・ベーコンは含まれないのね、なので僕を導いてくれた美術教師から現役時代の話を聞いた時の理解不足を今になって補っているような感覚になりました。
彼は大阪芸大を出て教職に就くまで現代アートの徒だったらしく、休日には度々ギャラリー巡りに連れ出してくれて先生お気に入りのラウシェンバーグから当時の最先端だったキース・ヘリングスまでアート談義を聞かせてくれたものでした。

僕は横浜の美術館で「印象・日の出」から強烈な体験を受けまして、以来モネをモダンアートの開祖と思っておりますが…美術史を怠けていたので、流派やシーンの系譜や位置付けを把握出来ていなかったのです。
例えば僕は60年代のポップアートなんてデュシャンの出涸らしとしか感じないのですけど、その彼が属していたダダが戦前であった事も分かってなかったんですよね!笑
ダダイスムはロック史に例えるならパンク・ムーブメントな訳ですが、その影響の深刻さはパンクの比ではなかったんですねぇ…それとポロックの重要性も、ようやく理解できましたよ。

それと未来派って戦前だったんですね、というか好戦的かつ差別的でファシズムや優生学とも連動してたのを承知で坂本龍一は「未来派野郎」なんてアルバム出したのかとビックリです。
戦後は疲弊した欧州を経済と文化の両面でアメリカが席巻する様子はレヴィ=ストロースの本ジャック・タチの映画にも皮肉めいて描かれていますが、美術史の流れを追うと実に明瞭ですな…昨今では中国の経済力が注目されていますけど、新たな文化を発信する力で見れば到底アメリカを凌ぐ域には達していません。

個人的にはアーツ・アンド・クラフトは工芸だしバウハウスは商業デザインなのでモダンアートの範疇に入れるものではないです、如何に優れていようと思想的にファインアートとは方向性や性質が異なりますし。
しかしクール・ジャパンだろうが、未だポップアートの枷を外せない現在のアート・シーンは無意味です。
まさしく“そもそもなぜ芸術なのか、芸術は今もって必要なのか、誰のための芸術なのか、といった根本的な問題にいたるまで、出口の見えにくい模索を強いられている”のですなぁ。


〈現代美術〉関連記事:
【最近読んだ本】トーマス・マックナイト画集「Windows on paradise」| 2008.12.09
【最近読んだ本】「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
【最近読んだ本】川俣 正(作)、村田 真(文)「A WALK ON THE BRIDGE 橋を歩いていく」| 2009.11.27
【最近読んだ本】佐藤雅彦+菅俊一+石川将也「差分 Difference」| 2012.10.06
【最近読んだ本】ドリ・ハダー「ミンガリング・マイクの妄想レコードの世界」| 2012.12.22
【最近行ったところ】企画展「アートと音楽 ――新たな共感覚をもとめて」| 2013.02.03
【最近みたDVD】「痛みが美に変わる時 画家・松井冬子の世界」| 2013.04.28
【最近行ったところ】「フランシス・ベーコン展」| 2013.05.07
【最近みたアート】「アンドレアス・グルスキー展」| 2013.09.03
【最近読んだ本】「アウトサイダー・アート」| 2013.11.08
【最近読んだ本】「メディア芸術アーカイブス 15 YEARS OF MEDIA ARTS 1997 - 2011」| 2013.11.14
【最近読んだ本】チャールズ・シミック「コーネルの箱」 | 2014.10.05
【最近読んだ本】齋藤芽生「徒花図鑑」| 2014.08.12
【最近行ったところ】企画展「MOTコレクション 戦後美術クローズアップ」| 2015.07.30
【最近読んだ本】山下裕二(監修)「超絶技巧美術館」| 2016.08.03
【最近行ったところ】「ボストン美術館の至宝展」| 2017.08.21
【最近みたアート】「理由なき反抗展」| 2018.09.14
【最近みたアート】「マルセル・デュシャンと日本美術展」| 2018.10.30
【最近みたアート】「伊庭靖子展 まなざしのあわい」| 2019.09.13

〈戦後アメリカの文化侵略〉関連記事:
【最近みたDVD】クロード・レヴィ=ストロース/中沢新一「サンタクロースの秘密」| 2008.11.06
【最近みたDVD】「ぼくの伯父さん」| 2013.10.28
【最近みたDVD】「巴里のアメリカ人」| 2015.10.01
0
    | books | 2013.12.02 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top