ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「第9地区」

何故か南アのヨハネスブルク上空に滞空している巨大UFO、宇宙人は飢餓難民で地球連合はUFO直下に難民キャンプ「第9地区」を設営…以来その容姿や行動からエビと蔑まされる宇宙人への排斥や暴動が繰り返されて20年、遂に政府は軍事企業MNUに強制立ち退きを業務委託します。
責任者のヴィカスは地区内での任務中に負傷し、彼の体内で宇宙人の遺伝子が融合する事態に…それは宇宙人の遺伝子で作動する彼らのテクノロジー、とりわけ武器を人間が扱えるようになる「生きた金脈」としての計り知れない経済価値をヴィカスに与えたのです。

既に人種間の差別や身体的な差違への偏見は乗り越えたかに思える現代人も、もしこれが現実に起きれば同じような展開になり得るだろうと思わせられます…弱者への抑圧と暴力と形式だけの人道主義、だからこそ本作は南アが舞台に設定されたのだと分かります。
架空のニュース映像や関係者インタビューなどを交えたドキュメンタリー・タッチで描かれる、作風的には「クローバーフィールド」に近い'10年公開作品。

ヴィカスは最初っから観る人をイラッとさせるタイプです、思慮が浅く一貫性がないし利己的である事にも無自覚で…それは歪んだ鏡のように誰もが醜く誇張された自己の投影を彼に見てしまうからでしょう、彼自身が弱者へ変貌してゆくにつれて人間の本性が剥き出しになってゆくようです。
3年後、エビ星人クリストファー・ジョンソン親子は彼を救えると思いますか?
僕は否です、よい地球人もいると主張しても「いい虫は死んだ虫だけだ」的な報復論は覆せないでしょう…それが異民族間で繰り返される歴史なのですね、ただ最後に映るヴィカスは必ずしも不幸に見えません。

唯一の善行にすべての救いを感じ、また彼の性格だから悲劇にさえ希望を与えてくれるのでしょうね…また実際のヨハネス南部のシアウェロ地区でロケーションと資材調達を敢行し、アパルトヘイト時代の核兵器庫などの生々しい映像ディテールも南ア出身の監督ならではといえるでしょう。


関連あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】チャーリー・ヒューマン「鋼鉄の黙示録」| 2016.07.18
0
    | cinema | 2013.12.10 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top