ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近行ったところ | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「THE UNTOUCHABLES」

'87年のブライアン・デ・パルマ監督作品です、当時の人気俳優ケビン・コスナーがエリオット・ネスを演じロバート・デ・ニーロが黒幕アル・カポネ役を演じてヒットしたんですけど…映画史に残る程じゃなかったのかな、僕は結構好きな映画なんですけどねぇ〜?
「アンタッチャブル」とは、禁酒法時代のシカゴを裏で牛耳っていた(カポネ一家には手を出すな)という不文律かと思いきや…そんな彼らの懐柔にも報復にも動じなかったネスたちこそが(手出し無用の連中)であり、その実話に基づくドラマとリメイクした本作両方のタイトルでもあります。

30年代を再現した背景美術とファッション、とりわけマローネ警部を演じたショーン・コネリーこだわりのアイリッシュ・トラッドの着こなしが個人的には見所です…ショーンの名優っぷり、そして新米ストーンを演じたアンディ・ガルシアが終盤の階段落ちで見せるクールな右腕っぷりね!
というか名場面すぎるぜアンディ、あの場面への憧れが刷り込まれちゃった僕は影響されまくってますよ…つい(上司から見たストーン的な立ち位置)を意識してしまうような、仕事における僕の理想像を決定付けてくれちゃった位に。笑

西部劇を思わせるカナダ国境の騎兵戦から駅での銃撃戦を経て、法廷の外で白い殺し屋ニッティを追い詰めて行く場面へとネスの肝っ玉が太くなっていくのが分かります…そして任務を終えてオフィスを去る場面、亡きマローネのお守り越しにネスと別れの握手を交わすストーンの涙目がまた観る側の涙腺も熱くします。
CGではないローリング・トウェンティな街並みは、濡れた舗装や西陽といった空気感の演出で巨大セットとは思えないオーラを発してます…それと忘れちゃいけないのが出オチ死亡フラグ(笑)の経理士ウォレス、彼の不在がストーンに深みを与えてくれている気も。

ちなみにユニオン・ステーションのベビーカー階段落ちは「戦艦ポチョムキン」へのオマージュという噂ですが、ニッティ落下シーンの背景合成はヒッチコック作品を連想させられます。


〈ロバート・デ・ニーロ〉関連記事:
【最近みたDVD】「ミッドナイト・ラン」| 2013.01.22
【最近みたDVD】「キング・オブ・コメディ」| 2013.06.18
【最近みたDVD】「ショウタイム」| 2015.05.23
【最近みた映画】「ヒート」| 2019.05.28

〈ショーン・コネリー〉関連記事:
【最近みたDVD】「未来惑星ザルドス」| 2013.03.14
【最近みたDVD】「バンデットQ」| 2014.02.14
【最近みたDVD】「バロン」| 2014.04.06


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『The Untouchables』
0
    | cinema | 2013.12.16 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top