ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みたDVD | main | 昨日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
桜沢エリカ「プール」

初版'09年、幻冬舎より出版された描き下ろし作品。
表紙カバーの美しい写真(撮影=田尾沙織・装幀=大島依提亜)に惹かれ手に取りました、まるで「Loads Of Dogtown」ラストのプールを四角くしたような…淡い陽射しと木立の中、滑らかな水面に青空を映して。

そのプールは、さよの母が切り盛りするタイはチェンマイのゲストハウスにありました…祖母に育てられた娘が、自分を産んだ時の母と同じ22歳になって会いに行った卒業旅行の顛末。
愛憎半ばする葛藤を秘めた自分探し、子供を作っておきながら放ったらかしで好き勝手に生きて当然と思っている京子は僕から見てもムカつくし理解できない。
とはいえ、そこは母娘という間柄…なんだかんだで赦しちゃうんですね、僕も確かに救いとは赦しから生まれるように思うのですが。

ストーリーは違うんだけど、池澤夏樹の「タマリンドの木」を連想しちゃいます…それ故なのかな、さよは二度と再び訪れないような気がするんですね僕は。
この心地好い場に依存するのでなく、訪れたタイミングの奇跡を大事に何度も思い出し続けてゆくような。
絶対もたいまさこが演じる前提で描かれた菊子さんは“いつ死んでもいいように生きて”て、タイらしく涅槃仏も描いてアジアの大らかな死生観を示唆してます…子育てを放棄して「自分らしく生きる」京子が大家族制への回帰を示唆してるなら、それはお門違いも甚だしいって感じですけど?

そして「祖母が死んだら悲しいけど母が死んだら云々」って会話は、先日の「愛すべき娘たち」の中でも母娘で交してましたね…ただ本作の絵柄はシャレオツ母にブサイク祖母と極端なんだよね、作者は年寄り子供を描くの下手すぎるだろ!
でもなんか既に映画化されてそうだよなー、気掛かりなのは作者が京子を肯定的に描いてるように思える点だけど…バカインテリ親を赦す娘話を描き損ねたのか、敢えて曖昧な作りにして見方の幅を持たせたのか?
実際どうなんだろう、まぁ主役はプールと思えば「不完全な女」たちの些事は余談に過ぎないのかもね。笑
0
    | comic | 2013.12.22 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top