ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PSソフト「フロントミッション サード」

歩行兵器(ヴァンツァー)はボディ+アーム左/右+脚部+オプションで構成され、企業間の互換規格で自由に組み合わせ可能でして…出力と重量のバランスを考えつつ、パーツ毎のHPだけでなく命中や回避の補正値など一長一短の特性を考慮して悩みまくりです。笑
バックパックはどのアイテムを積むか、出力アップ型にするか…各種武器と機体パーツのバトルスキル発生条件まで気にしてしまうと、本当にキリがないんだ!
改造レベルを上げるとバトル中の行動力が減るので「集中攻撃された時に反撃も防御も出来ない」といった事態も起こり得るのが悩ましくも魅力的なのです。

本作は味方キャラが強制排出されたり任意で乗降したり機体の乗り換えも可能なので、敵機を奪取すればショップに出回る前の高性能な機体や流通しないレア機体も入手が可能なのです…戦意喪失した敵を投降させたり強制排出で無人になった機体に乗り移ったりするシステムの妙は、時に生身の敵を攻撃する痛々しさを伴ったりもするのですが。
逆に味方が強制排出されたり気絶してボッコボコにされたりもするので、こういう不確定要素を嫌うユーザーの意見が次作「FM4」に反映されたのかもなぁ?

さて前回の福台トンネルを抜けて大漢中本土でUSN肝煎りの反政府組織に接触、義妹アリサを連れ去った新人類の行方を彼らの情報網で捜してもらう代わりに我々も彼らのお手伝い…'99年作品ながら南シナ海の油田を実効支配してOCNフィリピンと揉めてる近未来には現実味ありますな、そして反政府組織に潜入して捕まったユンを仲間にする展開は予想外でしたよ。


〈エマ編ルートB〉
その1:〜釜利谷ジャンクション| 2013.11.18
その2:〜オーストラリアB分岐(バリラー農場行)〜フィリピン・ホセ撃破〜台湾| 2013.11.23
その3:〜シンチェイ捜索ルート〜福台トンネル| 2013.12.12
その4:〜南シナ海の油田| 2013.12.20
その5:〜大漢中・リィ加入〜広州市| 2014.01.12
バトル・シミュレーターで武器習熟+パーツ改造| 2017.11.03
続・バトル・シミュレーターで武器習熟+パーツ改造| 2019.04.22
その6:〜永定(客家住宅)〜廈門支部〜玉屏〜鎮達〜仏山| 2019.04.28
その7:錦香池〜リニー・バリラー加入〜衝山・移動要塞〜武漢補給基地| 2019.05.05
その8:〜黄山〜南京〜上海〜無錫〜連雲港| 2019.05.13
その9:〜日本・佐世保基地〜法春&粒子砲ゲット〜熊本〜三角港| 2019.05.20
その10:〜沖縄海洋都市| 2019.05.26

〈アリサ編〉
その1:スタート| 2012.09.13
その2:〜フィリピン反政府軍のアジト| 2012.09.28
その3:〜福州の補給基地| 2012.10.13
その4:〜南京| 2012.11.09
その5:〜沖縄| 2012.12.10

〈エマ編ルートA〉
その1:〜オーストラリアA分岐〜フィリピン・ユン+ホセ加入ルート| 2012.12.15
その2:〜ユィンコウ陽動ルート〜広州漫遊| 2012.12.21
その3:〜熊本| 2013.01.05
その4:〜沖縄| 2013.03.12
0
    | game | 2013.12.20 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top