ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
外山晴彦(著)、サライ編集部(編)「歴史がわかる、腑に落ちる 野仏の見方」

初版'03年、元は雑誌「サライ」の別冊付録だった物を再編集して記事を増加したんだそうで…巻末の全国石神仏探訪のモデルコース紹介と詳細情報はすぐにでも使えるし、江戸時代の年号換算表や漢数字の異体/略字解説と実践的ですな。
神社・野仏探訪家を名乗る著者は当年62歳、本業はクリエイティブ・ライフ研究所なる機関の所長を務めているとか…同時に神社ウォッチングの会なる団体の会長で、同じ体裁のポケットサライ「歴史がわかる、腑に落ちる 神社の見方」という本も手掛けています。

さて野仏とは、つまり道端の道祖神や神社仏閣の境内脇に建てられている石塔などを指して言うようです。
古いものでは鎌倉時代ぐらいまで遡りますが、ほとんどは庶民の暮らしが定まった江戸時代に建立されているようで…道祖神は村への結界としての悪霊や疫病除け「塞の神」や通行の守護「峠の神」でありながら拡大解釈で安産や作神などを兼務していたり、坊主頭で一目瞭然の地蔵は墓地なら六体セットで境界の守護がデフォだけど道祖神との混淆や「身代わり」という性質から何でも任されがち。

道教に由来する平安貴族の遊戯から民間信仰へと広まった庚申待ちを筆頭に甲子(きのえね)講や巳待講といった60日周期の「お日待ち」と、講毎の月齢で月の出を拝んでお開きになる月待ち講や富士講はバリエーション豊かで見分けの判断が難しい場合も多いそう。
霊場巡りの完遂に建立された巡拝塔は自らの功徳を他者に施すもので、行脚僧から始まった六十六部の廻国写経奉納による供養塔には「大乗妙典(=法華経)」とも…鎌倉期から戦国時代までの埼玉近辺に集中する板碑(いたぴ)は、追善または逆修(生前)供養を目的とした梵字と秩父産の巨大な緑泥片岩の一枚岩が特徴。

馬頭観音は畜生道の守り神として辻の道標を兼ねたり山中で倒れた牛馬の供養塔だったりしますが(墓ではない)、本来は憤怒相ながら供養塔では柔和な面相に彫られのだとか…注連縄+榊を供える神道式と卒塔婆+線香の仏教式に分かれる点は庚申塔にも当てはまり、三猿は庚申の夜に抜け出た三尸が天帝に宿主の罪業を「見ざる言わざる聞かざる」といった意味だとか。
民間信仰は奥深い、っていうか幅広すぎだろ…それが魅力でもあるんだけど、山の神だと山仕事か農家か漁師かで祀り方が変わるし牛頭観音なんて馬頭の別バージョン的な二次創作だし!

野仏といっても通りすがりに拝みやすい路傍や辻に集まるのは道理ですな、寺社境内にあるのは「僧侶や神職が普及に携わった」か「道路の拡張や整備の都合で移された」位に限られるようです…かつての寺社は公共の場ではあっても鎮守というより権力者の氏神を祀ったり菩提寺だったりする非庶民的な祭場だった性質から、個人の供養や記念はもとより内輪のサークル活動的な建造物に相応しい場ではなかったんですね。
道祖神や地蔵尊は村単位で管理していたようですが、巡礼路は室町時代の行者や御師から組織整備されて江戸時代に行楽を兼ねた庶民信仰として流行ったとか。

とりあえず群馬県新治村「たくみの里」か倉渕村の道祖神は入門コースっぽいし、写真の雰囲気も風情があって探訪してみたいな…たまには何か目的がある旅ってのも、こういうのならマイペースに楽しめそうで。
江戸時代の年号換算表


関連記事:
【最近読んだ本】藤森栄一「古道(こどう)」| 2014.12.13
0
    | books | 2013.12.26 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top