おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「殺人遊戯」

松田優作主演、監督は村川透悩める青春映画に続きましては70年代クライム・アクションの金字塔、遊戯シリーズ'78年の第二作を借りてみましたよ。
角川映画の優作ハードボイルドも好きですが、東映の遊戯シリーズは「ルパン三世(新)」の大野雄二が音楽を担当しているんですよね…しかもTVドラマ「探偵物語」に通じるコメディ・タッチと冷酷なバイオレンスの案配や、阿藤海に佐藤蛾次郎に竹田かほりといった優作ファミリーが脇を固めているのも高ポイント。

優作演じる44マグナムの殺し屋、鳴海が帰ってきた…5年前のヤマにケリをつける、オンナ絡みの厄介な修羅場は苦いジンの味。
ロケ地は築地界隈の、雑然とした問屋街…場末の路地に俥を走らせ本願寺境内で大立ち回りと雰囲気満点。
咲き乱れる撃たれ役者の死に様も、いちいち耳障りな文太のアホ声も「遊戯」の華か…よりジャジーな大野雄二サウンド、ローズ・ピアノの甘美な響きも魅力。
男臭い抗争劇が幕を閉じ、鳴海は再び街を去った…と思わせて今夜もドテラで飲み代を踏み倒し遁走かよ!
いやもう完璧、出来すぎ。

補足;優作ファミリーって表現は主観的すぎますかね、佐藤蛾次郎はむしろ兄貴分ですし・・・それと村川監督って東映の「遊戯」シリーズだけでなく角川の「蘇える金狼」「野獣死すべし」もメガホンを取ってたんですねぇ!その辺の角川映画は東映が配給していたからか、作中でも「証明」シリーズ絡みの科白がありますね。


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『殺人遊戯(予告編)』
0
    | cinema | 2014.01.09 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top