おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近みたビデオ >>
最近聴いたCD
CHRIS REA「ON THE BEACH」

この頃「同僚にオススメするCD」を考えていて、かつて持ってたアルバムをCDで買い直す機会が増えてますが…本作はオススメ用というより個人的に聴きたくて買い直した一枚で、聴いていたのはリアルタイムではなく中古レコードを買い漁っていた時期でした。
'86年の本作は、クリス・レアの名を日本に知らしめたタイトル曲がCMに起用されたので有名でしょう。
嗄れた低い声で歌うミドル・テンポのバラードで、まぁ僕もそれが目当てで本作を買ったのでした。

しかし手放した後も強く印象に残っていたのはタイトル曲の後に続く2曲目の「Little blonde plaits」で、ベスト盤には収録されないマイナーな曲なのです。
当時は知らずに聴いていたのですが彼はシンガーであると同時にスライド・ギターの名手としても知られているそうで、ローズ・ピアノと共に甘く幻想的なサウンドを醸し出していたのはストラトのシングルコイルらしいウーマン・トーンによるスライド奏法だったのね…作詞作曲もですが、歌とギターの他に鍵盤やフレットレス・ベースなども彼自身がプレイしてるそう。

フェンダー・ローズを奏でていたのは元ジェフ・ベック・グループのマックス・ミドルトン、後にマックスと長くコンビで活動するギタリストのロバート・アーワイもクレジットされてますね…ちなみにドラムスのエイドリアン・レアはクリスの従兄弟だと聞いたような気もするのですが定かではありません、また本作はKEITH SMITHなる人物に捧げられているようです。
ちなみにフェンダー・ローズというと大野雄二ロニー・リストン・スミスのようなイメージが僕にはありますけど、より明瞭な響きからすると後期のローズ・ピアノかもしれません。

クリスは英国のミュージシャンながらブルース・フィーリングを大事にしているようで、とはいえ少なくとも本作は全体的に渋いAORといった感じなのです。
いかにも80年代ポップス的なブラス系シンセが目立つ「It's all gone」でのギター・ソロはブルージーですが、速弾きをひけらかすでもないし全曲が汗臭さのないダンディーな仕上がりとなっております…そこにはローズの遣い手マックスのメロウなタッチが効いてますね、ところで13曲中最後の3曲はボートラ表記なかったけどLPの時は未収録だったような気が。


再聴【2017.11.16】


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Chris Rea - Little Blonde Plaits』(Sound Only)
0
    | music | 2014.01.02 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top