ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みたDVD | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
村上龍「空港にて」

初版'05年の文春文庫で、文藝春秋の単行本「どこにでもある場所とどこにもいないわたし」より改題。
初出は'01年と'03年で、幻冬舎の留学情報誌「Wish」掲載分は“留学のために海外に出て行く人物を主人公に”しており「オール讀物」掲載分は“何か希望のようなものを描き込みたかった”そうで…まぁそれが成功してるのかは著者のみぞ知るところでしょうな、ちなみに表題作は“三十年に及ぶ作家生活で「最高の短編を書いた」という”出来栄えだそうですから相当な仕上がりなのでしょう。

全体的な文春の質感としては、僕は片岡義男の乾いた情景描写を連想しました。
それと田中康夫もね、といっても彼の作品は「昔みたい」という短編集しか読んでいないんですけど…まぁ著者の作品だって短編集の「悲しき熱帯」と長編「69 sixty nine」しか知らないし、坂本龍一との鼎談集「EV.cafe」も含めて読んだのは四半世紀も前なので単に思い込みかも。
文体として著者自身が満足しているとしても、僕としては(こんなもんだっけ?)といった感想が率直な所。

読ませる技量は確かにあるにしても話としては面白くなくて、どれも仕込みの情報だけが浮き上がってしまっているような感じだな。
具体的には回想場面の映画プロデューサーや音楽フロモーターが主人公に語るエピソードね、そこには恐らく著者自身の身体的な言葉が織り混ぜられているんじゃないかな…だからこそ主人公からすれば他人の思い出なのに、フィクションの中で生々しい説得力を持ってしまいバランスを乱してしまっているような気も。

僕が本書を買った理由は、実は空港ロビーを見下ろす写真を使った表紙カバーの装幀に惹かれたからです。
空港という施設は概して現代建築らしいモダンな造りですが、僕には機能的なようでいて排他性や非人間性を感じさせる不思議な場所なんです…その理詰めな居心地の悪さを一目で納得させるような写真を撮ったのは前康輔、それを全面に押し出してインパクトのあるデザインに仕上げたのは石崎健太郎という人物です。
村上龍「空港にて」


〈村上龍〉関連記事:
【最近読んだ本】リチャード・バック(著)「イリュージョン」| 2008.09.17
【最近読んだ本】はまのゆか(絵)、Ralph McCarthy(訳)「ポストマン」| 2009.09.15
【最近読んだ本】ベン・シモンズ「東京欲望」| 2011.05.07
【最近みたDVD】村上龍「CUBA〜音楽の勝利」| 2013.01.02
【最近読んだ本】村上龍「空港にて」(再読)| 2017.11.21


以下、個人的メモ。
“お前はまだ間に合うから何かを探せ、と兄はぼくに言った。オヤジやオフクロや教師の言うことを信じたらダメだ(中略)その他の世界で起こっていることを何も知らない。ああいう連中の言うことを黙って聞いていたらおれみたいな人間になってしまう。おれはもう何をする力も残っていないんだ。まだ二十歳なのに何かを探そうという気力が尽きた。でもちょっと遅かったがまだ気づいただけましだと思うよ。これでテニスとかスキーの同好会に入ったりして適当に大学を出て、オヤジみたいにデパートとかスーパーに就職したりしたらもう本当に終わりだった。オウムに入った連中がおれにはよくわかるんだ。気力がゼロになると何か支えてくれるものが欲しくなる。何だっていいんだよ。やっとわかったんだけど、本当の支えになるものは自分自身の考え方しかない。いろんなところに行ったり、いろんな本を読んだり、音楽を聴いたりしないと自分自身の考え方は手に入らない。そういうことをおれは何もやってこなかったし、今から始めようとしてももう遅いんだ。自分で決めつけるのも変だが、よく戦争映画なんかで自分が死ぬことがわかるやつが出てくるだろう。からだ中から力が抜けて、寒くてたまらなくて、深い穴に吸い込まれるような感じがして、自分がもうすぐ死ぬことがわかるんだけど、あれと同じだよ”(「コンビニにて」)

“あの若い博物学者がはっきり死んだと示すシーンがなかったし、プテラノドンに襲われるシーンまでに彼が実はいい人だと観客に刷り込むようなシナリオになっていた。つまり観客がこの人物は死なせたくないと思うようなキャラクターになっていた。でも観客をドキドキさせないといけないから、死んだのかも知れないと思わせるような展開になって、重傷を負って、でも生きている彼が最後に現れて、観客はカタルシスを得る。そういうのはシナリオを作るときの基礎で、だからあの若い博物学者は死んではいけないんだよ。もし殺すつもりなら、もっと違った描き方をしないといけない”

“気をつけないといけないなと思うのは、こういうワインを飲むときに、これが人生で最上の瞬間だと思ってしまうことだ(中略)ほくが小さかったころ、ぼくの田舎ではこういうワインが世の中に存在することさえ誰も知らなかった。もちろん日本全体が貧しくて、外貨もなかったから、こういうワインを輸入できなかったわけだけど、必要としなかったんだ(中略)大切なのは、このワインと同じくらい価値のあるものをこの社会が示していないし、示そうとしていないということだ。だからこういうワインを飲むことができる人や、飲む機会がある人はそれに代わるものがないことに自然と気づいてしまい、こういうワインを飲む、このときが、まさに人生の決定的な瞬間なんだと思ってしまう。それは無理がないことだし、しょうがないことで、そういう意識の流れに抵抗はできない(中略)今、こういうワインを飲むことができる人は他人からうらやましがられる。ほとんどの人は、つまり普通の人は、一生こういうワインは飲めない。普通の人は、一生、普通の人生というカテゴリーに閉じ込められて生きなければならない。そして、普通という
人生のカテゴリーにはまったく魅力がないということをほとんどの人が知ってしまった。そのせいで、これから多くの悲劇が起こると思うな”(「披露宴会場にて」)

“昔の主人公たちは、アフリカや南米やシベリアという「未知の土地」に、日本社会では果たせない自己実現を求めて旅立っていった。それは、日本の近代化から遠ざかるということで、基本的にロマンチックな行為だった。アフリカや南米やシベリアが「未知」だったから、ロマンチシズムが成立したのだ(中略)社会の絶望や退廃を描くことは、今や非常に簡単だ。ありとあらゆる場所に、絶望と退廃があふれかえっている。強力に近代化が推し進められていたころは、そのネガティブな側面を描くことが文学の使命だった(中略)近代化が終焉して久しい現代に、そんな手法とテーマの小説はもう必要ではない”(「あとがき」)
0
    | books | 2014.01.01 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top