ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
リチャード・バック(著)、佐宗鈴夫(訳)「イリュージョン 悩める救世主の不思議な体験」

長らく村上龍の訳に馴染んできましたが、こちらは初版が'09年の集英社文庫の新訳です…原書は'77年で村上訳の文庫は'81年、それより大きな書体で若干ページ数も少なく挿し絵も一切ないけれど村上訳より242円も値上げされて552円。
主人公リチャードと、ドナルド・シモダの出会う場面…本書で僕が最も好きな場面だけど、その会話は村上訳の方がしっくりきますが好みの問題と慣れでしょう…いずれにしても物語としては暗い話じゃないのですけど始まりから何故かほろ苦い切なさが漂ってくるように感じる点は変わらず。

「この世のすべてがイリュージョンなんだ」と言うシモダの台詞に、僕はマーク・トウェインの「不思議な少年」を思い出しました…サタン少年よりは分別あるシモダですが、人間界の「かもめのジョナサン」といった雰囲気を感じたりも。
しかし1度読んだら分かるように訳したのか、どうもシモダの人物像に違和感が…村上訳の、くだけた口調やトップレス・バーに行っちゃうような男とは別人というか聖人君子っぽくて。

きっと村上の方が「かもめのジョナサン」を意訳した五木寛之ばりに情景描写を加えてるのでしょうが、シモダが本物の救世主なのかを早々に種明かしされるような本書の訳し方だと鼻白むのです…単なる変わり者が奇跡まがいのトリックで翻弄してるのかも、という可能性を抜きにしてズバリ「救世主からの引き継ぎレッスン」に絞った展開や妙に伏線めいた言い回しなどが物語を浅く薄めてしまったように思えて残念だな。

読み比べてみると、これはこれで村上訳じゃ味わえないふくらみも楽しめるんですけどね…クライマックスにディックも狂気を宿した町民も登場せず、シモダが夢に出てきて本を書くよう遠回しに頼むなんてオチはちょっと納得いきません。
これがもしも原書に忠実な訳出だとしたら、村上に翻訳を依頼した編集者は見る目があったのでしょうな…どちらか一冊だけ読むなら村上訳が断然オススメです、青少年向けの入門編としてなら本書でも好いけど。
ただし表紙カバーのイラストに描かれる少女も空飛ぶ象も、本編には一切関わりないので騙されないでね!笑


〈リチャード・バック〉関連記事:
【最近読んだ本】平五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2008.06.08
【最近読んだ本】村上龍 (訳) 「イリュージョン」| 2008.09.17
【最近読んだ本】平尾圭吾(訳)「ONE」| 2009.08.28
【最近読んだ本】五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2010.12.26
【最近読んだ本】五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2011.02.03
【最近読んだ本】五木寛之(創訳)、ラッセル・マンソン(写真)「かもめのジョナサン【完成版】」| 2017.12.21

以下、個人的メモ。
“その仕事を嫌々ながらつづけるよりは、やめたほうがいい。立派な救世主は、憎しみとはまったく無縁だし、ただ自分の進みたい道を思いのままに歩いていく。そう、もちろん、これは誰にでも当てはまることだ”

“どうしても自由と喜びを手に入れたければ、それは自分以外のどこにもありはしないよ、そうじゃないかい? 自分には自由も喜びもある、そう思えば、あるんだ! そう振る舞えば、自分のものになる! リチャード、いったいなにがそんなに難しいんだろう? だけど、人々は耳を貸そうともしなかった、ほとんどの人がね。奇跡なんだよ――彼らは奇跡を見に、ぼくのところへやってくるんだ。衝突事故を見ようとして自動車レースの見物にやってくるのと同じさ。はじめは、それがフラストレーションになり、やがて、心底うんざりしてくる。ほかの救世主たちはそれにどうやって耐えているんだろう”
“学習は
すでに知っていることの
発見である。
行為は、知っていることの
実践である。

教育は、自分と同様、
ほかの者たちにもその知識があることを気づかせることである(中略)いちばんうまく教えられるのは、
自分がいちばん知りたいと思っていることである”

“責任を回避する
いちばん良い方法は、
「責任は果たしている」と言うことである”

“苦難をもたらすもので
人のためにならないようなことは
ひとつもない。

人が苦難をもとめるのは、
自分のためになるからである”

“同じ屋根の下にいて、
家族が成長しあうことは
稀である”

“どんなイリュージョンも、それを経験するには、空間と時間が必要なんだ。それで、きみは五ドル払って、チケットを買い、席につき、映画館の外での出来事を忘れる。そして、きみのために、映画ははじまるのだ”

“空はいつだって完璧さ(中略)海もつねに完璧だが、やはりたえず変化してやまない”

“無知のしるしは
 不正や悲劇を心の底から信じこんでいることだ。
 毛虫が世の終わりと考えるものを、
 救世主は蝶と名付ける”

“この本に書かれていることは
 全部まちがいかもしれない”

“リチャード・バックはかつて雑誌「PLAYBOY」のなかで、こんな非常に印象的な言葉を語っています。「ぼくが書いたことを、ぼくが本当に信じていて、ぼくにとってはあれが真実なんだということが、なかなかわかってもらえないんだ。実際にぼくは、すべてこの世の中には、罪とか、破壊とか、死とか、そういうものは何もないと信じている。(中略)あれはぼくの本心からの言葉であって、ぼくにとって世界というものは掛値なしに素晴らしい。喜びだけ、希望だけがある世界だ。それがぼくの本当の心だ」”
0
    | books | 2014.01.07 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top