おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア(著)、浅倉久志(訳)「たったひとつの冴えたやりかた」

何故だか突然、無性に読みたくなってしまい…近所の本屋も古本屋も図書館も捜して、もうAmazonで注文しようかと思ったら普段あまり行かない図書館で発見!
題名だけはジュブナイルSFの名作として知ってはいましたが、たまたま前に読んだ「すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた」の著者が書いていた事を知り…実は女性でありCIA創立メンバーであり、ユカタン半島のマヤ族にも詳しい著者への関心から本書にも興味を抱いてはいたのですよ。
でも本書とのご縁が、まさかこんな風に生じるなんて思ってもみませんでした。

'86年に刊行された原書の題名は「THE STARRY RIFT」で、その第一話「The Only Neat Thing To Do」から邦題が付けられ翌年にハヤカワ文庫SFとしてお目見えしました…本書は「老司書が学生に薦めた、連邦草創期のヒューマンに関する3つのエピソード」としても、それぞれに独立した中編としても楽しめます。
表題作の他は第二話「グッドナイト、スイートハーツ」と第三話「衝突」、どれも「無限の境界」のような1人の主人公による回想ではなく、未来人類が〈リフト〉と呼ぶ辺縁星域で遭遇した事件であるという以外の共通点はありません。

本書は前年の長編「Brightness Falls From the Air」と同一世界の連作短編集という構成になっていますが、この未来史は未完のまま幕を閉じてしまいました…訳者あとがきによれば、著者は病床の夫と取り決めていたように共同自殺を遂げたそうで。
つまり死の前年に出た本書は69〜70歳で書かれた遺作だったのですね、元気な少女を主役にした表題作の明るい悲しさと訳者あとがきで知った著者の最期が二重写しになって切ない余韻をより一層深めます。

どうも訳者あとがきからの話に片寄ってしまいますが、作家で探検家でもあった著者の母が'27年に発表したアフリカ旅行記「ジャングルの国のアリス」は幼少時代の著者の視点で描かれているそうで…野生のゴリラを実際に見た最初の白人女性であり、後に男性名を用いてSF作家となる著者のユニークな生涯にも興味をかきたてられました。
そして著者本来の作風とは異なるノスタルジックなスペース・オペラとして描かれた本書の中でも、やはり表題作には幼い頃の冒険心と間もなく訪れる人生のクライマックスが反映されているように思えてきます。

海外の優れたSFに精通していた訳者も今は亡く、SFがSFだった良き時代が過ぎ去ろうとしているような寂しさを感じたりもして…カバーと挿し絵は未だ健在の川原由美子、意外にメカも描けるし違和感なし。


関連記事:
【最近読んだ本】シェイムズ・ティプトリー・ジュニア「愛はさだめ、さだめは死」| 2014.03.26

〈スペース・オペラ〉関連記事:
【最近読んだ本】高千穂遙「クラッシャー・ジョウ8 悪霊都市ククル」上巻| 2011.10.02
【最近読んだ本】高千穂遙「クラッシャー・ジョウ8 悪霊都市ククル」下巻| 2012.05.12
【最近読んだ本】高千穂遙「虹色の地獄 (映画版クラッシャージョウ)」| 2012.06.04
【最近みたDVD】「銀河ヒッチハイク・ガイド」| 2013.01.12
【最近読んだ本】ウィリアム・C・ディーツ「天空の秘宝」| 2013.04.15
【最近読んだ本】ロイス・マクマスター・ビジョルド「無限の境界」| 2013.04.23
【最近やったゲーム】PS2ソフト「ローグギャラクシー」| 2013.06.13
【最近みたDVD】「スターウォーズII クローンの攻撃」| 2014.03.13
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
【最近読んだ本】ウィリアム・C・ディーツ「帝国を継ぐ者」| 2014.09.14
【最近読んだ本】ロイス・マクマスター・ビジョルド「ヴォル・ゲーム」| 2015.01.03
【最近読んだ本】高千穂遙「銀河番外地 運び屋サム・シリーズ1」| 2016.05.29
【最近読んだ本】高千穂遙「聖獣の塔 運び屋サム・シリーズ2」| 2016.06.04
【最近読んだ本】デイヴィッド・ウェーバー「反逆者の月2―帝国の遺産―」| 2016.07.02
【最近読んだ本】高千穂遙「クラッシャー・ジョウ9 ワームウッドの幻獣」| 2017.06.13

〈浅倉久志(訳)〉関連記事:
【最近読んだ本】ウィリアム・ギブスン「あいどる」| 2010.12.19
【最近読んだ本】ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた」| 2013.05.12
【最近読んだ本】シェイムズ・ティプトリー・ジュニア(著)、伊藤典夫(共訳)「愛はさだめ、さだめは死」| 2014.03.26
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
【最近読んだ本】V.A.「きょうも上天気」| 2015.01.09
【最近読んだ本】R.A.ラファティ(著)、伊藤典夫(共訳)「昔には帰れない」| 2015.06.25
【最近読んだ本】テッド・チャン「あなたの人生の物語」| 2017.01.07
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「大魔王作戦」| 2017.06.21
0
    | books | 2014.01.10 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top