ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ジェームズ・レッドフィールド(著)、山川紘矢+山川亜希子(訳)「第十二の予言 決意のとき」

初版'11年、ついに予言を当てちゃいましたね…って、別に本書はそういう内容じゃないんですけども。
原書の発表が2月で「マヤ暦の始まりは'11年の春から」と書いてあり、そのタイミングに東日本大震災が発生したという訳です。
しかしまぁマヤ暦の終わりが世界の終末ではないって事は本書でも語られている通りだし、実際に終わりではなかったのですけども。
じゃあ、霊性進化という意味で人類の意識が向上したのかといえば…まだまた進行中といいますか、かなりスローペースですよね?笑

とはいえ。
まさに自分が読んでいるタイミングで都知事の嘘が追及されているだけならともかく、同時に“民衆的な議論や正式な法的手続きなどは無視して”情報を管理するための法案が公布されるという事態が進行しているのは偶然ですかね…ウィキリークスやスノーデン氏に象徴される情報公開の流れとは対称的な、安倍政権の動きは本書に描かれるような民衆支配の手口そのままなのが出来すぎな気も。
つまり世界は相変わらず「第十の予言」で描かれた二極化が進行中なのね、エネルギー問題も含めて…ただ本書の主題である宗教間の融和は、どうなんだろ?

世界中で最も愛と許しを強調している宗教は、本当にキリスト教なのだろうか?…例えば仏教は復讐と懲罰を語っていない筈で、それは愛と許しを大前提としているからではないのかな?
結局、多神教と無神論者は蚊帳の外なのか的な展開が若干鼻につきますね…三大宗教というのは旧約聖書から枝分かれした異母兄弟ですから、端からすれば近親憎悪でしかないんです。
多神教の代表としてホピ族インディアンが、無神論者の代表として白人の科学者が登場していますけど。

人は一瞬にして変われる、それはパウロ・コエーリョが書いたいくつもの物語で掲げていたテーマでした。
本書の“学び”は第一作の「聖なる予言」及び「第十の予言」そして「第十一の予言」をバージョンアップしていくもので、その最終的な統合として個々の内に神が宿っている状態へと導いていきます…本作の主要な人物となるレイチェルとコールマンが登場する冒頭の配置は絶妙ですね、以前ならば敵対しかねないコールマンとの関係は、かつてのウィルと主人公を思わせます。

最大の敵と思われた人物こそが最終的なキーパーソンだった展開は東洋的ですが、もし本書で完結せずに続編が出るのだとしたらと却って期待してしまいます。
正直、マヤ暦とホピ族とシナイ山というエキサイティング・マッチな組み合わせにはショボい結末しか予想出来なかったんですが…長らくウィルに導かれてきた主人公の成長ぶりや、新たな面々と繰り広げる冒険活劇も堪能できましたよ。
日本人として実感しにくい要素も多々あります、それでも本シリーズは面白くて読むに足る物語ではないかと僕は改めて感じました。

それと、これは非常に私的な感想なのですが…かねてから不思議だった、僕がメキシコで体験した皆既月食について思った事を一言。
あの夜に見た食の月が異様なほど巨大かつ明確に見えたのは、物理的・客観的な事実ではなく僕自身の意識による産物だったのかもしれない…トニーが3か国語のチャンポンで行き先を指示しても現地のタクシー・ドライバーが理解していたのは、僕らの変性意識が影響したのかもしれないな。
天体望遠鏡並みの精度で、僕は肉眼でクレーターや月面の海を間違いなく見たのです。


関連記事:
【最近読んだ本】「第十の予言 ポケット・ガイド」| 2008.06.24
【最近読んだ本】「人生を変える力」(第十一の予言)| 2009.01.31
【最近読んだ本】「第十の予言」| 2010.02.18
【最近読んだ本】「聖なる予言」| 2011.04.01
【最近読んだ本】「第十の予言」| 2011.04.22
【最近読んだ本】「聖なる予言」| 2013.06.02
【最近読んだ本】「第十の予言」| 2013.10.12
【最近読んだ本】「第十一の予言」| 2014.01.04

〈トニー先生〉関連記事:
【最近みた夢】調子のいい後輩がボブ・マーレイの葬式に参列できたと大はしゃぎ| 2008.04.27
【最近みた夢】夜の夢(トニーと夜遊び)| 2008.12.05
【最近みた夢】トレイル・ツアー| 2008.12.29
【最近みた夢】台湾夜市の食べ歩き| 2011.04.19
【最近の初体験】(日本での)皆既月蝕| 2011.12.11
【本日みた夢】二人エドベン| 2012.08.08
【最近みたDVD】「世界ふれあい街歩き 中南米 ハバナ・クスコ」| 2012.12.07


以下、個人的メモ。
“大きな宣言をする前は、我々は正直であるだけでなく、自分の信じているものはただの仮説にすぎないと断らなければならない。そうしないと、我々は不思議な影響力を持っているので、人々を間違った方向にひっぱって行ってしまうかもしれないから”

“もし、自分の気づきの範囲で正直でなかったら、みんなを傷つけることになるからね。エネルギーレベルが落ちて、物が明晰に見えなくなってしまうために、まず自分自身を傷つける。そして、真実と肯定的な影響を与えることができなくなるために、他の人たちを傷つけるのだ”

“私たちはなぜか、周りの人間が必要なことが何かを知っている(中略)しなければならないことはただ、『どうしたらこの人のためになれるだろうか?』と考えることだけだ。すると答えがやってくる。君に必要なものはすべて助けを行うために与えられる。そして違いを生み出すために自分はいつも、まさに必要な時に必要な場所にいると、考えるようになるのだ”

“腐敗はたちどころにばれてしまう。スキャンダルは毎日暴露されている。詐欺師は今度は自分がだまされている(中略)しかし、自分が知っている最高の真実にそって生き始め、人々に奉仕し、よい手本となることこそ、自分のためにできる最善のことだと分かり始めれば、全てが変わるのだ。君は宇宙のもともとのデザインとアラインメントするようになる。そして、こまかすのをやめる。すると、君の人生にごまかす人は現れなくなるのだ(中略)君がアラインメントを求め、人々に奉仕することを考えて行動するようになると、君を助ける人が人生に次々と現れてくるようになる。そして君のシンクロニシティと夢が本当に実現し始めるのだ”
0
    | books | 2014.01.13 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top