ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
大森望・編「時間SF傑作選 ここがウィネトカなら、きみはジュディ」

初版'10年のハヤカワ文庫SFで「SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー」第二弾、なのだそうです…ちなみに第一弾は「宇宙開発SF傑作選 ワイオミング生まれの宇宙飛行士」ですが“宇宙SFと肩を並べるほど時間SFが好まれるのは、日本だけの特殊事情かもしれない”のだとは意外でした、しかし考えてみれば少し前に観た「ルーパー」「イベント16」も確かに時間SFは低予算映画ですな。
映像作品の資本力を別にしても日本人は時間をモチーフにした話が好きらしく、そこで時間SFでアンソロジーを編む事にしたとか。

本作は三部構成となっていて、最初の“時間ロマンス篇”では'07年に発表されたテッド・チャン作「商人と錬金術師の門」が秀逸…まるで「イブン・ジュバイルの旅行記」を彷彿とさせる、アラブ世界の独り語りに惹き込まれました。
そして不変の時空間をマクドナルドに発見する'09年のイアン・ワトスン&ロベルト・クアリア作「彼らの生涯の最愛の時」も傑作!

次の“奇想篇”ではロバート・シルヴァーバーグ作「世界の終わりを見に行ったとき」の辛辣なユーモアや建設途中の未来を覗き見てしまうシオドア・スタージョン作「昨日は月曜日だった」のシニカルさ、南北に時間の速度差がある世界を舞台にしたデイヴィッド・I・マッスン作「旅人の憩い」の残酷さなど辛口なストーリーが続きます。

そして“時間ループ篇”では'47年発表の“リプレイものの元祖”H・ビーム・パイパー作「いまひとたびの」は希望あふれるジュブナイルSF、全人類が記憶を持ったままで700万年も1日の行動を繰り返す世界を発想したソムトウ・スチャリトクル作「しばし天の祝福より遠ざかり……」は希望にも絶望にも取れる読後感も含めて独創的。
偶然なのかポール・サイモン「Late in the evening」同じ題名の("Early, in the Evening"→)イアン・ワトスン作「夕方、はやく」では人類史が1日の内にループする上に歴史のサイクルが過去へとズリ下がっていくという無茶苦茶さ!

最後は“本書全体を締めくくるエピローグ”として、F・M・バズビィによる表題作を収録…リプレイでもループでもなくシャッフル再生される人生を生きる男が新たな人生を掴み取る、苦み走ったロマンスSF。
全13作品は英米の作家が半々といった割合で、日本との縁がある作家が目についたのは編者の狙いもあるのでしょうね…創作講座のワークショップからデビューした作家の多さも、もしかしたら読者自身の創作意欲をかき立てて日本のSFシーンを活性化させようといった魂胆なのかもね。笑
古今東西、どれも着眼点の突飛さと着地点の意外さに心地好く酔わされました。


〈SFアンソロジー〉関連記事:
【最近読んだ本】SFマガジン編集部・編「Sync future」| 2011.03.17
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」| 2012.10.09
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション1 時空の旅」| 2012.10.17
【最近読んだ本】日本SF作家クラブ・編「SF JACK」| 2014.02.18
【最近読んだ本】伊藤典夫(訳)「冷たい方程式」| 2014.09.20
【最近読んだ本】浅倉久志(訳)、大森望(編)「きょうも上天気」| 2015.01.09
【最近読んだ本】山岸真(編)「90年代SF傑作選〈上〉」| 2015.03.14
【最近読んだ本】V.A.「2030年の旅」| 2019.01.04


以下、個人的メモ。
“偶然も故意も、一枚のつづれ織りの裏と表ですよ、お客さま。両方眺めてみて、どちらか片方をより好ましいと思うことはあるかもしれませんが、片方が真実でもう片方が偽りだということはできません”

“過去と未来は同じものであり、わたしたちにはどちらも変えられず、ただ、もっとよく知ることができるだけなのです(中略)もしわたしたちの人生がアラーの語る物語なら、わたしたちはその聞き手であると同時に登場人物でもあり、そうした物語を生きることによって教訓を学ぶのです”

“なにをもってしても過去を消すことはできません。そこには悔悛があり、償いがあり、赦しがあります。ただそれだけです。けれども、それだけでじゅうぶんなのです”
(「商人と錬金術師の門」)

“実際のところ、時間は人間が現実を解釈するモデルのひとつに過ぎず、絶対的な意味で客観的に存在するものではない”
(「彼らの生涯の最愛の時」)
0
    | books | 2014.01.22 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top