おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
THE ISLEY BROTHERS「3+3」

'73年に6人編成となって発表された、アイズレー・ブラザーズの超名盤で本作は'03年にリリースされたリマスタリング盤です。
本作と僕の出会いは20代半ば頃、FMで耳にした曲が忘れられず当時のバイト仲間に相談した事からでした…FM局に出入りしていた彼は懇意にしていたプロデューサーに問い合わせた所、その曲がシールズ&クロフツ「Summer breeze」であると即答されたそうで。
更に「オリジナルも好いけどアイズレーのカバーも好い」と教えてくれて、その一言がドゥーワップ・グループかと思い込んでいたアイズレーを知る機会を与えてくれたという訳でした。

まぁ僕はエヴァリー・ブラザーズとかブラザーズ・フォアと混同していたのですが、実際コーラス・トリオとしてスタートしたらしい彼らは無名時代のジミヘンをサイドマンに起用するなどR&B方向へとスタイルを変えて本作以降はソウル・バンドとして不動の地位を確立するに至るのです。
つまりアルバム・タイトルにはオリジナル・メンバーであるロナルド、オーケリー、ルドルフの3兄弟に弟のアーニー(g.)、マーティン(b.)と従弟のクリス・ジャスパー(dr.)を正式メンバーとしてラインナップしたバンド形態への完全移行が宣言されている訳なのです。

本作では他にジェームス・テイラードゥービー・ブラザーズのカバー曲もあり、カバーって大抵が原曲に及びもしない出来なのに彼らにかかると強烈なソウル/ファンク色に染まってしまうのです。
オリジナル曲もカラフルな曲調で、ジミヘン直系のギターが粘りに粘る「That lady」はボートラのライブ・テイクで一段と熱くなってますし…ワム!がデビュー盤で完コピした「If you were there」はAOR風ミドル・ナンバーで「The highways of my life」は涙腺を震わすアコースティックなバラード、地味めな「What it comes down to」も何故か僕の脳内リピート率が高い謎の中毒性が。

そういえば先日聴いたビースティの「PAUL'S BOUTIQUE」でも「That lady」が使われてましたが、ヒップホップに限らず現在のブラック・コンテインなミュージシャンにとって本作や以降の「THE HEAT IS ON」辺りはルーツともいえる位置付けなのではないでしょうか?
何故なら70年代後半にはソウル人気の下降に加えて長兄と後加入の3人に亀裂が生じて、まるで「ソウルメン」の主人公みたいな凋落に向かうからです…ブラック・パワーの時代到来を告げる勢いと過剰なまでの音圧、優れたコーラス・ワークとソングライティング&アレンジ能力は未だ褪せない色気を放っています。


〈アイズレー・ブラザーズ〉関連記事:
【最近聴いたCD】ロン・アイズレー&バート・バカラック「アイズレー・ミーツ・バカラック:ヒア・アイ・アム」| 2011.03.19
【最近聴いたCD】アイズレー・ブラザーズ「ヒート・イズ・オン」| 2011.05.03
【最近聴いたCD】THE ISLEY BROTHERS「THE HEAT IS ON」(再聴)| 2017.03.16
【最近聴いたCD】THE ISLEY BROTHERS - SANTANA「Power Of Peace」| 2019.01.09
【最近聴いたCD】V.A.「モータウン・シングス・トレジャーズ」(再聴)| 2019.06.12


*以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません。

『The Isley Brothers - The Highways of My Life』(先日の道の写真集みたいなスライド・ショーが楽曲に合ってて好いです;Sound only)
0
    | music | 2014.01.29 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top