ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
筒井康隆「ビアンカ・オーバースタディ」

初出は講談社「ファウスト」誌上での連載だが書籍化したのは星海社であり、しかも最終章は書き下ろしと…難産を想像させる経緯を経て、かねてから話題だった著者による初のラノベが刊行に至ったのは'12年。
著者あとがきによると、最初の三分の一(第一章〜第三章)が掲載されるまでに入稿から2年かかり、次の三分の一(第四章)は掲載まで更に2年かかり、最終章を出版という形で発表するまでにはイラスト待ちで1年かかった、という事だ。

イラストを依頼したのはラノベ界の四天王に数えられてもおかしくない萌え画師いとうのいぢ、それは待たされるのも当然だろう…となると、やはり本当に「編集者の太田が悪い」訳だ。
ラノベというジャンルで5年は長すぎた、本作は当時の人気ラノベを下敷きにしたパロディというか改変物というかメタ作品なのに。
ラノベ読者にしてみれば、今更「涼宮ハルヒの憂鬱」でもないのだ…二次創作としても遅きに失しているし、もはやラノベの中心的な読者は「ハルヒ」シリーズを知らないのではないか?

それはともかくとしても、さすがに正統なラノベ作品と比べてしまうと残念ながら加齢臭がキツい…本当に(こんなの俺でも書ける)と思ったのだろうか、言葉の端々に痛々しさを感じる。
著者は断筆解除後も「愛のひだりがわ」などで優れたジュブナイル小説を発表しているが、ライトノベルとジュブナイルが完全に異なったカテゴリーである事は計算外だったようだ。
二、三の例外を除けばラノベ作家はラノベとしてのみ通用する文体に特化していて、要するに極めて閉鎖的で他のカテゴリーからは隔絶されている文学なのだ。

かつてゲーム・クリエイターの枡田省司が構想していたラノベの草稿だったかが某SNSで公開されていて、それを読んだ時も本作と同様のイタさがあった…自信満々で本質的な要素を読み違えているような、そしてどこかでラノベ読者を軽んじているような感覚が。
しかしながら、本作の著者は筒井康隆である…少なくともツツイストならば呵呵大笑、比類なきエログロ毒素の片鱗を垣間見て狂喜乱舞とまではいかずとも懐かしくて嬉しくてニヤリとするのは間違いないだろう。

そう、本作は飽くまでもラノベを装った筒井康隆ハチャメチャSFワールドなのだ…それが分かっている人だけ読めばよろしい、彼が普通にラノベ書く訳ないって事ぐらい章題の執拗なスペルマ押しで気付けよ!笑
まぁ少年少女に意地悪な、大人げない点は多々あれど…最終章ではジュブナイル作品で見せる温かさと、上方落語好きな著者らしい鉄板のオチを用意してキッチリ釣り合いを保っているのがまた可笑しくもあり。
それでも一般読者に本書を薦めるなら、まずは「農協月へ行く」とか「宇宙衛生博覧会」辺りで適性を見極めておきたいと思う。笑


〈筒井康隆〉関連記事:
【最近聴いたLP】「ザ・インナー・スペース・オブ・ヤスタカ・ツツイ」| 2008.05.13
【最近読んだ本】筒井康隆「エンガッツィオ司令塔」| 2009.08.15
【最近観たアニメ】「時をかける少女」| 2009.08.24
【最近読んだ本】筒井康隆「七瀬ふたたび」| 2010.03.12
【最近読んだ本】筒井康隆「近所迷惑」| 2010.05.25
【最近読んだ本】筒井康隆「ヘル」| 2010.07.27
【最近読んだ本】筒井康隆「W世界の少年」| 2011.08.12
【最近読んだ本】筒井康隆「出世の首」| 2013.03.28
【最近聴いたCD】タモリ「TAMORI」| 2013.04.01
【最近読んだ本】筒井康隆「旅のラゴス」| 2014.04.14
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(上)」| 2016.03.08
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(下)」| 2016.03.15
【最近みたアニメ】「PAPRIKA」| 2016.11.09
【最近みたDVD】「パプリカ」| 2017.01.01
【最近読んだ本】筒井康隆「最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集 1」| 2017.07.04
【最近読んだ本】筒井康隆「傾いた世界 自選ドタバタ傑作集 2」| 2017.07.16


〈ラノベ〉関連記事:
【最近読んだ本】谷川流「涼宮ハルヒの憂鬱」| 2007.11.24
【最近読んだ本】時雨沢恵一「アリソン」| 2007.11.27
【最近読んだ本】日日日「ギロチンマシン中村奈々子 高等教育編」| 2008.02.06
【最近読んだ本】桑島由一「神様家族」1〜2巻| 2008.07.22
【最近読んだ本】長谷川昌史「ひかりのまち」| 2008.07.27
【最近読んだ本】「ライトノベルキャラクターズ完全ファイル」| 2009.03.23
【最近読んだ本】田中光二「エデンの戦士」| 2009.10.15
【最近読んだマンガ】弓きいろ「図書館戦争 LOVE&WAR」1巻| 2010.03.07
【最近読んだマンガ】近木野中哉「とある魔術の禁書目録」1巻| 2010.05.08
【最近読んだ本】ロバート・A・ハインライン「夏への扉 新訳版」| 2010.07.30
【最近読んだ本】西尾維新「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」| 2010.12.07
【最近読んだ本】山王丸榊「書体の研究」| 2011.04.10
【最近読んだ本】高千穂遙「悪霊都市ククル(上) クラッシャージョウ8」| 2011.10.02
【最近読んだ本】北原尚彦「スターオーシャン Till the End of Time」Side4 Final| 2011.10.11
【最近読んだ本】梶尾真治「百光年ハネムーン」| 2012.01.31
【最近読んだ本】舞城王太郎「好き好き大好き超愛してる」| 2012.04.21
【最近読んだ本】滝本竜彦「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」| 2012.05.15
【最近読んだ本】新井素子「ひとめあなたに…」| 2012.05.23
【最近読んだ本】山口優「シンギュラリティ・コンクェスト 女神の誓約(ちかひ)」| 2012.11.13
【最近読んだ本】川原礫「アクセルワールド6 浄火の神子」| 2012.11.19
【最近読んだ本】萩杜螢「妖怪異聞 狼夜の月」| 2012.12.04
0
    | books | 2014.01.25 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top