おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近聴いたCD | main | 昨日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「新 高校生ブルース」

これ、角川映画なの?!…と焦ったけれど'70年の作品ですから単に版権が移ってるだけなのですね、なんてったって大映イチオシの関根恵子(現・高橋惠子)主演映画第二弾という訳で。
未成年でオッパイ出してるとか、そういう目的ではなくね…性懲りもなく70年代の邦画クヨクヨ青春物を捜していて、ようやく見つけた一本なのですよ。笑
多分このレンタル店には、この手のDVDって野口五郎と関根恵子しかないんだな…しかしやっぱり「白鳥の歌なんか聞えない」ほどのシュールな面白さはなく、演技も許容範囲なので割と普通な昔の映画です。

それと関根恵子はヒロインなのですが、実際の主役は性に飢えた男子高校生3人組でして…その中の一人の目線で話が進行して、彼らがセックスしようと右往左往した挙げ句に若い2人が恋をして的な展開という。
転校生で優等生で容姿端麗な学園のマドンナと、落第スレスレの主人公が実は幼なじみというド定番な設定…ちなみに3人組の一人はデビューしたての水谷豊でして、文系エロ少年キャラを好演しておりました。笑

トルコ(現・ソープランド)のサービスタイム入浴料が500円なのに、八百屋のリンゴは6つで300円って…ともあれ、こういう映画を観て妄想炸裂させてた世代が自分の娘や息子には「売春禁止法」以上に厳しく枷を嵌めてる事が“ナンセンス”で“破廉恥”だとは思わないのかね?
資本主義に内在する富の不平等を語り、モテないプロレタリアを自認する3人組に激しく同意してた観客は既に学生運動の負け犬だったんだよなぁ…“我々の目的はセックスだけであり、女に対して、よけいな愛情を抱くことをタブーとする”だってさ、まるで二次元萌えとは対極じゃない?笑

ところで本作に限らず「白鳥の〜」「再会」も、中途半端に冬の格好してるのは何故だろう…当時こういったクヨクヨ青春物は新春映画と決まってたのか、しかし年末年始のタイミングにしては薄着なんだけど?
封切り終了後の上映まで念頭に置いてたのか、新春公開から逆算したロケ撮の季節が春とか秋だったのか…東京でも昔の方が雪も降ったし寒かった気がするし、どう考えても真冬の格好じゃあないんだけどなぁ〜?
念のため申し上げておきますと、期待するような濡れ場はありませんよ…関根恵子に至っては朝チュンですらありません、さすがは“レモン・セックス”!笑


〈クヨクヨ邦画〉関連記事:
「白鳥の歌なんか聞えない」| 2014.01.03
「再会」| 2014.01.06
「エデンの海」| 2014.02.08
「君が若者なら」| 2016.11.03
「おさな妻」| 2017.12.13
0
    | cinema | 2014.01.21 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top