ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
HI-STANDARD「GROWING UP」

久しぶりの「同僚オススメCD」です、実はハイスタって初めて聴くんです僕。
しかし好いねこのアルバム・タイトル、まさか彼らがあの「グローイング・アップ」シリーズを知ってる筈ないとしてもね…いわばイスラエル版「新 高校生ブルース」な青春エロ映画で、今観たら物凄く詰まらないんだとは思うんだけど。
ともかく、気分はすっかり「グローイング・アップ」な訳で…英詞で何を歌ってるかは知らないクセに、勝手に気持ちを同調させてる気になっていたりします。

隠しトラックを含めると全16曲、基本的にはスカ混じりの速いパンクというね…グリーン・デイとかオフスプリングとか似たような音出してるバンドが腐るほどいたカテゴリーですね、今どうなってんだろ?笑
当時ハイスタが話題になったけど、それも少年ナイフみたく逆輸入人気だったような…つまりアメリカで認められたって触れ込みと、向こうのバンドと同じ音が出てるっていう(世界で通用してる感じ)じゃない?
ピンク・レディーも矢沢永吉も成し得なかった全米デビューを、金でもコネでもなく実力で叶えた奴ら的な。

いや実際は違ったかもしれませんが、そういうダサさをハイスタ好きな人たちの言葉尻から何となく嗅ぎ取ってしまい…持て囃されるほどにファン心理の小便臭さを勝手に想像してしまい、実のところまったく興味が湧かなかったんですよ。
まぁ本作でも'95年リリースなのにブックレットの裏にL.A.レコーディング時のスタッフと撮った写真をセピア色に加工して“1976 London”なんてキャプション付けてみたり、下らない隠しトラック入れて内輪で面白がってそうな青臭さは新歓コンパの大学デビュー並みのイタさですが。笑

ベイシティ・ローラーズの「Saturday night」カバーはギリギリだしママス&パパスの「california dreaming」は完全にスカコアメロコアがやっちまいがちな残念カバーと、ちらほら頑張った背伸びっぷりが漂ってます…例えば「In the brightly moonlight」なんかは好例で、その(ちょっと無理してる感)込みで魅力的に聴こえるんですわ。
いわばダサさを磁力に変えてしまう勢い、一種のパワーフール感によって本作は意外と聴けちゃうのです。
まぁ横山健モデルのギターなんて買うレベルじゃ只のアホだし、ハイスタと聞いて一言目が「最高!」って奴は単なるガキでしょう。
「同僚オススメCD」シリーズその19


関連記事:【最近聴いたCD】HI-STANDARD「LAST OF SUMMER DAY」| 2014.08.22
0
    | music | 2014.02.19 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top