ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
日本SF作家クラブ・編「SF JACK」

“日本SF作家クラブ50周年記念出版”という事で、12編の書き下ろし作品を収めております…表紙カバーイラストはCANNABIS、初版'13年の角川書店刊。
冲方丁による「神星伝」は巻頭を飾るに相応しいラノベチックなヒロイック・スペース・オペラ、市川良太郎「黒猫ラ・モールの歴史観と意見」はフランス革命直後の死体置き場に現れた「たったひとつの冴えたやりかた」的な生命体が黒猫の体を通じて人類が死に絶えるまでの記憶を保持する話。

上田早夕里の「楽園(パラディスス)」は脳内デバイスによって現実と仮想現実が一体化する「攻殻機動隊」みたいな話で、新井素子の「あの懐かしい蝉の声は」もまた膨大なネット情報が脳に直接流れ込んでくる状況を描きつつ聴覚や視覚などが無意識にフォーカシングしている脳の働きについて考えさせられました。
空手の原型となった沖縄古武道の祖にまつわる伝承とタイム・トリップをミックスした今野敏「チャンナン」は王朝時代の琉球が目に浮かぶよう、山田正紀「別の世界は可能かもしれない。」は消化不良な感じ。

小林泰三「草食の楽園」は忘れられたスペース・コロニーに不時着した男が目撃した善なる理想郷の崩壊から専守防衛という結末、瀬名秀明「不死の市」は北欧神話と遺伝子工学の荒廃した幻想未来小説…宮部みゆき「さよならの儀式」は廃棄された旧型ロボットと救護院職員の感動的な別れを醒めた技術者の視点から描き、夢枕獏「陰態の家」は陰陽師の現代版的な傀儡師が依頼者一家を祓うSF要素なしの伝奇ミステリー。

個人的には山本弘の「リアリストたち」が非常に面白かったな、圧倒的少数派のリア充とオフで会話するネト充の心理が現代の潔癖指向を痛烈に描写してますね…あと70年代の硬派SFを思わせる堀晃「宇宙縫合」も秀逸でした、遠未来のマクロ視点と現代の大阪を彷徨する記憶喪失者の視点が一気に収束してゆくラストで不思議な題名の壮大な意味が見えてくる巧みな仕掛けにゾクゾクしました。

そして、ちょっと面白かったのは「楽園(パラディスス)」を軸としたテーマの関連というか連鎖で…脳内デバイスでリンクする「あの懐かしい蝉の声は」だけでなく「草食の楽園」では共存と排他が、意識の進化という点では「黒猫ラ・モールの歴史観と意見」や「別の世界は可能かもしれない。」とも通じあうものが感じられて偶然とはいえ奇妙な統一性がありました。
発想が似てる、とか言っちゃうと身も蓋もないけど。


〈「楽園(パラディスス)」〉関連記事:
【最近読んだマンガ】わかつきめぐみ「黄昏時鼎談」| 2014.10.14

〈SFアンソロジー〉関連記事:
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」| 2012.10.09
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション1 時空の旅」| 2012.10.17
【最近読んだ本】大森望・編「時間SF傑作選 ここがウィネトカなら、きみはジュディ」| 2014.01.22
【最近読んだ本】伊藤典夫(訳)「冷たい方程式」| 2014.09.20
【最近読んだ本】浅倉久志(訳)、大森望(編)「きょうも上天気」| 2015.01.09
【最近読んだ本】山岸真(編)「90年代SF傑作選〈上〉」| 2015.03.14
【最近読んだ本】V.A.「2030年の旅」| 2019.01.04


以下、個人的メモ。
“インターネット上のアカウントは、当人が生きている間は家(ホーム)だが、亡くなればそのまま墓になる”

“人間の心というのは、人間が人間の姿をしているから生じる(中略)元の姿が残っている限り、どれほど機械や道具で感覚を拡張しても(中略)たとえば人間が猫の姿で生活し続けたら、ある時点から、不可逆的な意識の変容が起こる可能性がある”

“意識は絶え間なく連続しているものじゃないし、固定されたものでもない(中略)意識に自分の行動を決めさせているんじゃなくて、行動の結果として意識を得ている(中略)〈私〉とは固定されたひとつの意思ではなく、意識されない複数の身体的判断や価値観の葛藤の末に選ばれたもので、それが〈私の意思〉として錯覚されている(中略)追認を積み重ねることで、まだ起きていないこと、これから起きることに対する行動を予測できる(中略)〈意識〉を持ったがゆえに、未来を夢見ることができるようになったのかもしれない”

“人間は他人に共感する心を持つと言いつつも、他人を理解できないと嘆き、理解できないものを攻撃する性質を持っている(中略)相手もまた、複数の体の反応や判断が統合された末の〈私〉を持っている存在なんだから(中略)共感や感情移入だけで理解しようとするのは無理(中略)私たちが他人の内面を理解しにくいのは、頭が悪いわけでも共感性というシステムに欠陥があるからでもなく、この〈心の多様性〉ゆえなのだとしたら?”

“ミックスト・リアリティが、〈現実〉の定義を変えれば変えるほど、私たちは、自分が最も望んでいるものの正体に気づく。〈現実〉の網の目からこぼれ落ちてしまうものこそが――決して手が届かぬそれこそが、人間を、様々な形で未来へと駆り立てているのだと”(上田早夕里「楽園(パラディスス)」)

“識字、という能力が、人類にとってきわめて重要なものであるにもかかわらず、どうして脳にそれをつかさどる中枢領域が存在しないのか(中略)それは識字能力というものが、遺伝子型が表現型にもたらす擬装、というか、本来あるべきはずの能力を糊塗し、瞞着させるための、いわば疑似餌のようなものにすぎないから(中略)本来、あるべき能力というのは、遺伝子の表現型(生命系)が、遺伝子型(ゲノム系)を自由に読み取り、それらを選択的に発現させるというものなのだ。遺伝子型は、その能力が備わっていることを表現型に覚らせないために、いわばそのひな型とでもいうべき識字能力を代替的にもたらした”(山田正紀「別の世界は可能かもしれない。」)

“人間は大切なものを切り捨ててきた、と田沢さんは言った。母と子の絆もそのひとつだと(中略)それなら、私たちの子供もそうなるのだろうか? 大切な何かを失って産まれてきて、それがなぜ大切なのかを理解できないまま、新たな世界を築くのだろうか。そうなって初めて、私たちは失った古いものの価値に気づくのだろうか。
 今日この決断を、私は後悔する日が来るのだろうか”(山本弘「リアリストたち」)

“アジア市場では、二足歩行型の人間に似ているロボットがよく売れる。欧米では四足歩行型が人気だ。どちらの形態でも擬人化は起こる。欧米のそれは、ペットや家畜の擬人化と同じなのだろう。面白いことに、ロボットの擬人化は、その地域や民族の文化的な特徴、お国柄とでも言うべきものをよく反映する”(宮部みゆき「さよならの儀式」)
0
    | books | 2014.02.18 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top