おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ロック・オブ・エイジズ」

80年代のHM/HR黄金時代をコメディに仕立てた、'12年のアメリカ映画です。
舞台は'87年のオクラホマを走る夜行バスから始まります、懐かしい形のヘッドホンに合わせて歌い出す未来のロック・シンガー少女…すると運転手から乗客たちまでノリノリの大合唱に、絶対にネタだと思ってたら何のオチもないってか?
ま、確かにそんな赤面モノの時代でしたよね…。笑

トム・クルーズ演じるロック・スターを育てたL.A.のライブハウス「バーボンルーム」、そこで働きながら明日のスターを夢見る青年…当然ながら彼女と出会って、2人のトキメキ・サクセス物語が展開します。
っていうか「バーボンルーム」は2ちゃんねるネタだったよねぇ、いや「バーボンハウス」かアレは!笑
2ちゃん経験で誰もが味わう脱力の罠を連想したが最後、最高のライブハウスもネタスレにしか思えず…モデルとなったのは、サンセット通りの老舗ライブハウス「ウィスキー・ア・ゴーゴー」みたいですけどね。

つか、こりゃマジなロック・ミュージカルかw?!笑
とりあえずマジ顔で女の股ぐら開いて「愛とは何だ〜?」とシャウトするトムで笑っときましょう、反ロック市長の妻を演じ登場する度に全力で笑いを取りに来るキャサリン・ゼタ=ジョーンズには引くけど。
「バーボン・ハウス」オーナー役のアレック・ボールドウィンが落ちぶれたディヴァインに見える瞬間とか、REOスピードワゴン激怒必至の使われ方も笑い所です…マネージャー役のポール・ジアマッティやストリップ店の女主人役のメアリー・J. ブライジなど、90年代な配役もネタか?笑

ロッカー役でデビー・ギブソンやセバスチャン・バック、元エクストリームのヌーノ・ベッテンコートらが出てたようですが映画「フットルース」の使い所ぐらい気が付きませんでした。
ガンズスコーピオンズのヒット曲をトムが歌い、他の出演者たちもクォーターフラッシュやツイステッド・シスターやスターシップなどを熱唱します…スキッド・ロウやポイズン、クワイエット・ライオットの定番曲にデフ・レパードのタイトル・ナンバーなど、出演はしてませんが本人達のオリジナル演奏も劇中で使用されて盛り上がります。

ストーリーは無きに等しく、なんとなくPS1のゲーム「クエスト・フォー・フェイム」を連想したりして(全然やってないけど)。
トムのロック・スターぶりは評価が割れそうですけど僕は好きだな、歌と踊りで楽しむかバカバカしい笑いでニヤけるか…ロック映画と思って観ちゃうと騙された気分になりますが、騙された僕がバカだった?笑


〈ミュージカル〉関連記事:
【最近みたDVD】「オズの魔法使い」| 2013.03.11
【最近みたDVD】「サタデー・ナイト・フィーバー」| 2013.06.23
【最近みたDVD】「メリー・ポピンズ」| 2014.05.25
【最近みたDVD】「ティーン・ビーチ・ムービー」| 2014.12.28
【最近みたDVD】「巴里のアメリカ人」| 2015.10.01
0
    | cinema | 2014.02.26 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top