ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「エアポート'80」

原題「THE CONCORDE… AIRPORT '79」と、やはりオーケンが書いてたように1年サバ読んでるんですね…いわゆるパニック映画の定番、次々とアクシデントに見舞われる空の密室で危機を乗り切るハラハラドキドキです。
あの当時、エール・フランスの誇るコンコルドという最新型旅客機がありまして…可動する機首と三角翼が生み出す特徴的な外見、そして超音速という謳い文句は明るい未来を象徴するようにも思えたものでした。

ワシントン−パリ間の僅か3時間で、機内の極秘情報を隠滅しようと追尾ミサイルに戦闘機を繰り出す軍事企業…コックピットの窓をガラリと開けたり網で飛行機を捕まえるなんて漫画みたいだわ、着陸後に殺到する緊急車両がまた「ルパン三世」っぽく見えるし。笑
無事に旅を終えたかと思えば元から次期オリンピック親善飛行で目指せモスクワ!だったのです、冷戦下だからパリ経由なのかな?
確かにラストは炎上しましたが、もしやオーケンが観たのはバージョン違いでは…ヘンムービーだとは思いましたけど全員救助されたので、本の印象ほどヘンじゃないんですよねぇ〜?笑

アラン・ドロンとジョージ・ケネディが機長で、乗務員のシルビア・クリステルはアランの元恋人という役どころ…何はともあれ豪華キャストで昼12チャン(現テレ東)気分を満喫できました、幻の超音速旅客機コンコルドの雄姿も予想以上に堪能できましたし。
今だから感じられるのか、昔の映画は詰めが甘いというか構成がユルいよな〜?
オーケン言うところの“激眠”な文芸作品とは別に、こういった昼寝感覚で観れちゃう映画ってヘンに癒されます…画面の中の緊張感とは裏腹に深まる憩いの寛ぎ、この(どーでもいいや)感はクセになりますね!笑

気になったのは(INSPIRED BY THE FILM “AIRPORT”)というクレジットで、つまり本作はシリーズ化された本家に対する番外編なの?
というか第1作が当たったから日本公開時に邦題を統一しただけで、実は関連のない別物だったって事か?
本作はビデオスルー作品に多い(吹き替えなし字幕のみ)とは逆に、日本語の吹き替えはあるけど字幕なし…でもTV放映でカットした場面だけ吹き替えなしの字幕になる、要するに局から買ったまんま焼いた風の安直なDVD化なんです。
その(楽して儲ける)的な雑さが、この安らぎムードに一役買ってたりしてね?笑


追記:ウィキペディア情報によりますと、本作までは“正式なエアポートシリーズ”だそうですが・・・“見所も満載の映画ではあったが(中略)『大空港』で見せたそれなりの現実味からは遠く離れた荒唐無稽な物語になってしまった観がある。興行的にも成功とは言えず、エアポート・シリーズは本作をもって終了となってしまった。以後、今日に至っても、シリーズ中で最も低い評価を与えられたままである”そうで。
更に“本作の撮影に使用されたコンコルド機(機体記号F-BTSC)は、2000年に墜落事故を起こし、それがきっかけの一つとなって、2003年にはコンコルドの全機が退役している”のだとか!
0
    | cinema | 2014.03.04 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top