ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
PENGUIN CAFE ORCHESTRA「同」

ペンギン・カフェ・オーケストラ'81年のアルバムです、当時のFMでよくかかってた「Air a danser」やベンチャーズのカバー「Walk don't run」など15曲を収録しております…簡単に言っちゃうとオーガニック・ミュージックのハシリですな、ジャズともアンビエントとも違う生楽器のインストで当時はインテリア・ミュージックと呼ばれていたような気がします。
ちょっとミニマル・ミュージックやブルーグラスっぽさを感じたりもしますが、そっち方面は詳しくないので勘違いかもしれません。

何で読んだか忘れましたが、このグループのリーダー格の男性は70年代パンク/ニューウェーブ界隈で活動していたんだそうで…そこから正反対に発想を転換してこうなったのか、あるいはこれもまたニューウェーブの新解釈だったのか?
P.I.L.にしてもTHE POP GROUPにしてもダブやファンクやフリー・ジャズといった黒人音楽のエッセンスをミクスチャーするのがニューウェーブの手法だとすれば、そこにミニマルやブルーグラスなど白人的な音楽を代入したのが彼らP.C.O.だったのかもしれませんね。

当時アルバム単位で聴いていた訳でなく数曲しか知らなかったので気付きませんでしたが、彼らは特にアコースティックに執着してアンプリファイドやエフェクト加工を否定していたのではなかったんですね…曲全体にフェイズ効果でうねりを加えたり、プッシュホンのトーン音を使ったりと電子的サウンドも懐に入れた音作りがなされています。
そしてマイクの前で一発録りしていたらしく、ヘッドフォンで聴き直すとヒソヒソ声や衣擦れや咳き込む音も含めたライブな雰囲気が別録りじゃ出せない温もりを添えていると感じます。


〈アンビエント/インテリア・ミュージック〉関連記事:
【最近聴いたCD】ヴィクセル・ガーランド「イージー」| 2008.03.11
【最近聴いたCD】スフィアン・スティーヴンス「ミシガン」| 2009.02.16
【最近聴いたCD】ザ・エレクトリック・ソフト・パレード「ノー・ニード・トゥ・ビー・ダウン・ハーテッド」| 2009.05.03
【最近聴いたCD】栗コーダーカルテット「笛社会」| 2009.05.24
【最近聴いたCD】モグワイ「ミスター・ビースト」| 2011.09.15
【最近聴いたCD】ブラックトップ・プロジェクト「同」| 2014.05.15
【最近聴いたCD】STEPHEN SMALL「SLOW DRAG」| 2016.11.10


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『The Penguin Cafe Orchestra - Air A Danser』(どうやらディズニーのアニメを編集したみたいですけど、あまりに上出来なので・・・だけど、この曲を初めて聴く人がコレで刷り込まれるのは正しくないとも思うんですよねぇ〜?)
0
    | music | 2014.03.03 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top