ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
有馬清徳「ベーリング海峡 有馬清徳写真集」

東方出版より'98年に発行された、故・星野道夫とは異なるアプローチでベーリンジアに迫った写真集だ。
著者は十余年を費やして中国からローマへのシルクロードを取材し、次に南極半島を撮影…それから北極圏に目を転じ、まず'90年にロシア側のチュクチ族から撮り始めて'93年にアメリカ側からアラスカを撮影。
しかしベーリング海の国境となるビッグ&リトルの両ダイオミード島の撮影は、悪天候に阻まれて'96年末にようやく願いが叶った。

奇しくも同年、カムチャッカで星野道夫は熊の世界へ旅発った…その翌'97年には関野吉晴がグレートジャーニーの過程でベーリング海峡をカヌーで横断した。
まるでこの時期、日本人の心がベーリンジアに集中していたかのように思える。
無論そこには「精霊の橋 ベーリンジア」を著した星川淳の名も加えられる訳で、これらの異なる方面から同時多発的にメッセージが発せられたという偶然に不思議な感慨を覚えるのだ。
あの頃、僕や友人たちを含めた少なからぬ日本人がベーリンジアに心を寄せた…その事を、いま改めて問われているようにも感じる。

さて本作に話を戻すと、故・星野道夫が収めた魔法がかった魅力は感じられない…作者のテーマは神話世界の探究ではないし、より包括的な文化や生活や自然に重点を置いた作風なのだ。
それは乱暴な言い方をすれば散漫としており、コンセプトが絞り切れていない漠然とした印象を与える。
狩猟民族チュクチのテント生活や都市部のロシア人たち、エスキモーの踊りとトナカイの乱舞…アメリカ側のリトル・ダイオミード島にある村の様子や「精霊の橋」で描写されていたカーペット・トスに興じる鯨祭の子供たち、どれも広く浅いので逆に物足りないような飢餓感を煽られるのだ。

それぞれにその場の温度や湿度が感じられるだけに、極寒の村は爪先が冷えてくるし低空の陽射しでも有り難く感じる…巻末に撮影スペックを記載する写真家だけに、手堅い仕事ぶりが伝わる優れた作品ではある。
また地図も撮影地点を視覚的に把握しやすく、丁寧で好感が持てる…故・星野道夫の「森と氷河と鯨」星川淳の「精霊の橋」も、この地図を参考にして差し替えれば分かりやすいのに。


関連記事:
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 日本人はるかな旅 第1集」| 2014.10.16
0
    | books | 2014.03.05 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top