おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだ本 >>
最近みたDVD
「スーパーマンIII 電子の要塞」

なんで今更クリストファー・リーブ?といえば、こないだ読んだ大槻ケンヂのヘンムービー本で面白可笑しく書かれていたからなのです…もちろん先日の「エアポート'80」もそうです、とりあえずこの2作ぐらいしか近所のレンタル店には見当たらなかったのでね。
この第1作は、封切り後に当時の名画座で観てました…なので本作の彼がスーパーマンを演じる姿に、ちょっと懐かしさを感じたり。

本作の悪役は「WATSTAX」のリチャード・プライヤー、いわゆる毒舌黒人コメディアンのルーツみたいな人です…何をやってもヘマばかりの失業者が何故かコンピューターで奇跡的な才能を発揮し、職員の給与計算で切り捨てになっていた端額のフローキャッシュを回収するプログラムを書くなんて「攻殻機動隊S.A.C.」の久世みたいな奴だな!
だけどトラクター会社のコンピューターで信号機や個人のクレジットカードまでコントロールするとは恐れ入るわ、っていうか気象衛生で地上の天候を変えられるなんて無茶苦茶すぎだ!

高校時代の同窓会に出席したクラーク・ケントは当時の憧れの女性ラナと再会しイイ感じに、しかし非スーパーマン状態だと頭悪いのね…本作がコメディ寄りだからなのかもしれないけど、偽クリプトナイトでスーパーマンの頭がクラーク・ケント以下になるのか?笑
悪党と呼ぶにはショボい悪戯ばかり、海の真ん中で石油をこぼすのは問題だけどそれも悪者っぽくないよね…呑んだくれスーパーマン、色がくすんでやがるぜ。
更に肉体分離してクラークとぐんずほぐれつ、スーパーマンは悪人顔が男前だぞ…まさかの首締めでクラーク勝利、首が太過ぎて手が回ってなかったけどな!笑

悪の心を追い出したスーパーマン、流出した原油を現状回復して電子の要塞と対決…対空防御システムのゲーム画面はアタリ社製、お騒がせリチャードは最後に寝返って悪役から単なる小心者に昇格しましたとさ。
スコアはジョン・ウィリアムズでテーマ曲はジョルジオ・モロダーだったのね、エンドロールの宇宙空間せり出しパース付きクレジットも懐かしいけど…結局どこら辺が見せ場だったやら、辻褄の合わない科白から編集の杜撰さがバレバレという'83年の作品でした。


関連記事:【最近みたDVD】「ハンコック」| 2013.02.23
0
    | cinema | 2014.03.07 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top