ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 昨日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「バロン」

'88年のテリー・ギリアム監督作品、てっきり僕は「未来世紀ブラジル」より前だと思ってましたが…先日の「バンデットQ」の次が「ブラジル」で、その後が本作という順番でしたか。
原題は「THE ADVENTURES OF BARON MUNCHAUSEN」つまりバロン・ミュンヒハウゼンの冒険って、そのまんまですけど…「ほら吹き男爵」の物語をギリアム風に味付けした、明らかに売れ線狙いのファンタジーです。
「バンデットQ」のインタビューで監督は「作りたい映画のために別の映画を作って資金繰りする」とか言ってましたが、本作も次回作のためだったのかな?笑

だけど本作は監督の娘姉妹に捧げられているし、ローファイ感満載な特撮映像もさることながら虚実入り乱れるストーリーの構造はとても(次回作資金調達映画)とは思えない凝った作り。
冒頭、トルコの軍勢に包囲された城塞都市でヘンリー・ソルト一座が演じる「バロンの冒険」が描かれ…そこに乗り込んできた「本物の冒険王バロン」を名乗る老人が冒険談を語り終えた時、戦火の現実が物語の結末に入れ替わっています。
この劇中劇の劇中劇という入れ子構造とシームレスな視点移動に、すっかり魔法をかけられてしまいます…ファンタジーに仕掛けられた、監督の思惑にですが。

民衆に真実を知らせず戦争ゲームに夢中の政治家と自ら知ろうとせず右往左往する民衆に、こう男爵は言い放っていました。
「お前たちの“現実”は、ウソとインチキででっち上げたものだ」
「その現実に生きず愚かな夢を追う者は結局みじめな最期を遂げるのだ」
「今の世の中すべてが道理と理屈!」
「そうやって心の扉を閉ざすのか!お前たちのそういう無関心と盲従が、人間の尊厳を破壊するのだ!勇気をふるい起こせ!」
伝説のミュンヒハウゼン男爵は、物語の力で奇跡を起こして去っていくのです。

美神ヴィーナスを演じたユマ・サーマンがラストで町娘として再び登場した時、前々作「バンデットQ」ショーン・コネリー演じるアガメムノン王が最後に消防士として姿を見せたのを思い出しました…これは演出上の遊びではなく、監督からのメッセージが込められた場面なのでしょうね?
バロンだけでなく家来も老骨に鞭打って活躍しますが、これは語り手としての老人力を肯定するとも取れるしファンタジーが見捨てられた現代に彼らは永遠の若さを失ったとも取れます。
冒険するのが老いたバロンと一座の少女サリーで、分別ある大人は城塞の中で閉じ籠っていたのも意味深。

駆け足が速すぎて鉄球を足枷にしているバートホールドは、監督とは「モンティ・パイソン」時代からの盟友エリック・アイドル…聴覚と肺活量に秀でた家来グスタヴァスは「バンデットQ」の盗賊一味を演じた小人俳優の一人。
町の代表ジャクソン参謀長には「ブラジル」で主役を務めたジョナサン・プライス、他にイカれた月の王を怪演するロビン・ウィリアムズやチョイ役の戦場の英雄として当時はポリス休止中のスティングが出演。
エンディング・ロールの一番最後になってから「この映画は1942/43年の同名映画とは云々」的な注意書きが出てくるのも妙で可笑しかったな!

まるでダーク&シニカルだった「ブラジル」の反動か口直しかって位に対照的で、パウロ・コエーリョの「アルケミスト」を彷彿とさせる感もあり…分別ある大人こそが、本作でバロンとサリーの示した正直さと勇敢さと不屈の精神とで心の扉を開かされるという訳です。
つまり僕の事ですがね!笑


〈テリー・ギリアム監督作品〉関連記事:
【最近みたDVD】「ブラザーズ・グリム」| 2013.02.27
【最近みたDVD】「バンデットQ」| 2014.02.14
【最近みたDVD】「ゼロの未来」| 2017.07.27

〈ショーン・コネリー〉関連記事:
【最近みたDVD】「未来惑星ザルドス」| 2013.03.14
【最近みたDVD】「アンタッチャブル」| 2013.12.16
【最近みたDVD】「バンデットQ」| 2014.02.14

その他、関連あるかもしれない記事:
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC ONE)| 2015.10.15
【最近みたDVD】「2300年未来への旅」| 2018.01.10
0
    | cinema | 2014.04.06 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top