ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近の驚き・発見 >>
最近聴いたCD
SEALS & CROFTS「SUMMER BREEZE」

邦題「思い出のサマー・ブリーズ」のタイトル曲は久しくアイズレー・ブラザーズの定番になっている感もありますが、やっぱり僕は彼らシールズ&クロフツによるオリジナルが一番好きですね…この曲を初めて聴いた頃に中古レコード屋を回って見つけたのは「DIAMOND GIRL」というアルバムで、その中では本国アメリカの卒業シーズンに流れるという「We may never pass this way (again)」というフォーキーな名曲に出会ったりもしたものでした。

どこかクラシカルな旋律に美しいコーラスのハモり、アコースティック・ギターを主体としながらマンドリンやエレキ・ギターも織り込んで弾き語りスタイルとバンド形態の曲が混在する…フォークとロックを橋渡しするような古い時代のミクスチャーであり、しかしサウンドは独特なのです。
以前ジョー&ビングを聴いた時に例えとして挙げましたが、彼らがフォーク・ロックというフォーマットの中に収まる範囲のサウンドである点では大きく異なります…こちらのデュオはカントリーっぽくフィドルを鳴らしインド音楽のタブラを響かせ、時に不穏な泥臭さを醸し出しもします。

個人的にはタイトル曲以外で最も印象的だったのは「The Euphrates」で、何やら宗教的な内容を歌っていそうな歌詞は別としてサウンド的にね…あと意外だったのがラストのサザン・ロックっぽい「Yellow dirt」かな、後半のインプロヴィゼーションも含めてフォーク・デュオでは言い表せない彼らの懐の深さを垣間見たような気がしました。
コーラスは爽やかなのですが、全体的に曲調がマイナー寄りなんだよね…彼らって、割と聴き込むほど味が出るタイプじゃないかな?
'72年リリース。


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Seals & Crofts - The Euphrates』(コ−ラスでイーグルスの「呪われた夜」を連想しました;Sound only)
0
    | music | 2014.03.09 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top