ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ジェームス・アリンダー、ジョン・シャーカフスキー(著)、吉田隆志、深川雅文(監修)、久保啓(訳)「アンセル・アダムス作品集 クラシック・イメージ」

'99年に岩崎芸術社から発行された写真集で、底本は'86年にワシントンで開催された同名の展覧会のカタログみたいです…本書のフィルム作成は日本の会社ですが、やはり写真印刷となるとイタリアなんですな。
海外の著名な写真家の作品集では過去にも度々“PRINTED IN ITALY”の文字を目にしており、それだけイタリアの写真製版技術が優れているという事ですかね?

アンセル・アダムスといえばシエラ・クラブ、20世紀初頭にアメリカの雄大な自然で注目を集めた(環境保護活動の先駆者)といった印象が先に立ってしまい…写真家として認識はしていながらも、実は彼の作品を意識して見た事は今まで何故かありませんでした。
多分、画面から放たれる一種の堅苦しさを…硬質なコントラストや、権威主義的というか威圧的な静寂感を無意識に敬遠したのです。

モノクロ全盛期の写真家たちの中では、アンセルよりも街頭の人物などドラマ性が感じられる動的なモチーフに惹かれたのです…静的なモチーフでもポートレートや静物写真にね、現代的なカラー写真では風景を好んで見ているのですけど。
ジェームスによる解説によれば、モノクロ・フィルムでの撮影であってもカラー・フィルターを使い分ける事でトーン調整する手法が独特なコントラストの秘密だったようで…生涯プリント作業にもこだわり、次世代を育成するワークショップを創立するなど写真を生き方として多角的に実践した人物だったんですねぇ!

また日系人の大戦中収容所での扱いをフォト・エッセイに発表したそうですが、そういう写真は本書には一枚もありません…ジョージア・オキーフやスティーグリッツらのポートレートや静物の写真も収められていますが、いずれにしても広大な眺望を無限大の焦点で写した作品から受ける深い畏怖が僕にとってのアンセル・アダムスなのです。
大判のビューカメラとバイテンのフィルム・ケースを抱えて自然の懐に包まれ、青空を夜のように黒く焼き付けた風景の神々しさに畏れを感じない人がいます?
単に自然の美しさしか見出だせない人は、彼を称賛するなとさえ思ったりして。
0
    | books | 2014.03.14 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top