ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ROGER NICHOLS & THE SMALL CIRCLE OF FRIENDS「FULL CIRCLE」

なんと本作、40年ぶりのセカンド・アルバムなのだそうで…そう言われなきゃ分からない昔っぽいジャケット&昔っぽい楽曲にリマスタリングを施した程度のサウンド、これは本国アメリカじゃ発売されない日本独自の企画で制作されたのだろうと勘繰ってみたり。
90年代シブヤ系ブームに伴って注目された、という下地があっての本作ではなかろうかと…まぁ誰だってそう考えるわな、実際の経緯は知らないんですけど

代表作「The drifter」のリメイクを含む全12曲、時の経過を感じさせない出来映えに要らぬ勘繰りをしてしまって複雑な印象です…長らく表舞台から去っていたロジャー・ニコルズの衰えぬ楽曲センスを称えるべきか、もしやディレクターの意向から「当時のソフト・ロック路線で」と要請された結果としての本意ならざる作品ではないかと。
まぁ個人的には「The drifter」や「Always you」よりは「Don't take your time」のリアレンジを聴いてみたかったかな、これもディレクターの日本人受けを狙った選曲に思えるけど。

'04年のアルバムとは思えない、この昔っぽい音は意図的に古い機材でレコーディングしたって事だよね…っていうか当時の音源を蔵出しして、ボーカルとコーラスだけ録り直して古い音源に被せたんじゃないの?
だってこんな音質のベースやキーボード、今じゃ聴けないんだもの…って、そんな話だけで終わらすのは勿体ない出来ではあります。
当然ながら今っぽさは皆無なんですが、ともあれ本作にて円環が充ちて完結したのだとすれば正統なソフト・ロックの最終到達点として意義深い一枚でしょう。


関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「ROGER NICHOLS & PAUL WILLIAMS SONGBOOK」| 2014.02.25
【最近聴いたCD】ROGER NICHOLS & THE SMALL CIRCLE OF FRIENDS「The Complete」| 2014.08.04
【最近聴いたCD】CLAUDINE LONGET「THE VERY BEST OF」| 2017.08.27


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。


『Roger Nichols & The Small Circle of Friends - Always You』(この曲はトニー・アッシャーとの共作だったんですね;Sound only)


『The American Breed - Always You』(こちらは当時アメリカン・ブリードなるコーラス・グループに提供した時のバージョン、改めてセルフカバーする必然性を感じない出来栄えです;Sound only)
0
    | music | 2014.03.21 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top