ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
FRANK ZAPPA & THE MOTHERS OF INVENTION「ONE SIZE FITS ALL」

まさか「同僚オススメCD」でフランク・ザッパが出てくるとは思わなんだ、どうやら彼もプライマス好きの友人から薦められて聴いたのだそうだけど…そのように言われてみれば、確かにプライマスってザッパっぽかった気もするな〜。笑
'75年にリリースされた本作は、次のアルバムと同時進行で制作されていたようで…だけどマザーズ・オブ・インヴェンションのメンバーって流動的だったのかもね、本作にはジョージ・デュークやジョニー"ギター"ワトソンもクレジットされてたりするのでね。

といってもジョニーの役割は“flamble vobals on the out-choruses”で、ギターはザッパ1人で充分か…ジョージはシンセ・ベース含む鍵盤全般と、後のクラーク・デューク・プロジェクトでヒットした「Sweet baby」の美声よりもワイルドなボーカルを全9曲中リーダーと同数の3曲で披露して気を吐いております。
しかしドラムスは“ゴリラの犠牲者”でベースは“左手を故障”、その上スタッフの中に“(正当な理由のない)虐待”ってクレジットがあり意味不明すぎる…対訳があれば分かるのかもしんないけど、国内盤って結構デタラメな和訳だったりするから微妙かもなぁ?

だってハタチ頃に聴いた「No not now」という曲の邦題が「今は納豆はいらない」だったし、それに少なくとも日本では彼って(超絶技巧のヘンなオヤジ)的な立ち位置だったし!笑
実際「今は〜」の印象って僕には面白くなかったんです、何がそんなに評価されてるの?っていう感じで。
だから本作も、正直なところ(聴くだけ野暮だろ)ってな気がしてたんですけど。
いやはや、音楽は偏見を持たずに聴いてみるもんだ!
やっぱりヘンなんだけど、断然マトモなんですよ…ちゃんと音楽になってる、というと語弊ありますが。笑

個人的にはベースですね、音が好みだしフレーズにも惹かれます…ザッパのギターも変幻自在で、ブルースもロックもフュージョンも織り混ぜつつアンサンブルを乱す事ない知的なプレイに真価を思い知った気分。
同僚君は「木琴が鳴ってる!」と笑ってましたが、このマリンバやヴィブラフォンが実は効いてると僕は思いましたね…奇想天外に感じられる曲想でも楽器の指定やスコアリングを的確に配置しているからこそのサウンドであり、異質に聴こえた要素も様々な音楽形態がフラクタル状に再構築されているのかもしれません。

やっぱザッパって天才だったのね〜、と先入観をまるっきりひっくり返された僕だったのでありました。笑
「同僚オススメCD」シリーズその23
0
    | music | 2014.03.27 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top