おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近やったゲーム >>
最近聴いたCD
FRIED PRIDE「STREET WALKING WOMAN」

男性ギタリストと女性ボーカリストによる日本版タック&パティ、フライド・プライドによる'02年のセカンド・アルバムで…本作も実は「同僚オススメCD」なのであります、これまでの彼のセレクションからすれば意外な気がしますが。
先に結論を書いてしいますと、やはり僕とって彼らは(日本版〜)でした…予想を裏切りもせず期待を上回りもせず、解説書にあるように“世界クラス”かもしれませんが個人的にはT&Pフォロワーの域を脱していないという印象でしたね。

好みでいえば女声ジャズ・ボーカルで聴かれる中では苦手な発声&声質というのもあります、発音も声量も日本人離れした技巧&力量なのがまた個人的には逆効果に拍車をかけとります。
具体的な喩えでいえばエゴ・ラッピンのボーカルがギリギリ許容範囲で心地好く、こちらの彼女は耳にキツい感じがしてしまうので…ギターは普通に上手いなって印象ですね、クラシックとジャズの奏法をアカデミックに学んだのでしょう。
本作は全曲カバーでゲスト・メンバーがパーカッションに加わっている他、同じレーベルに所属する縁からシーラ・Eのプレイが2曲に重ねられているそうで。

しかし2枚目にして全曲カバーとは、ある意味スゴいかもね…彼らは自らの独自性というか創造性を追究したり訴求したりするよりは、純粋にプレイヤーとして既存の名曲をリスナーに紹介していく事を指向しているのだという声明ですか。
お二人ともスゴいなぁとは分かるのですが、僕の心には響くものがありません…その点ではセリーヌ・ディオンと同じ枠に分類されるのでした、僕の中ではね。
「同僚オススメCD」シリーズその24


関連記事:
【最近聴いたレコード】スタンリー・ジョーダン「マジック・タッチ」| 2014.03.30
【最近聴いたCD】TUCK & PATTI「The Best Of」| 2014.09.03
【最近聴いたCD】RODRIGO Y GABRIELA「同」| 2015.04.29
0
    | music | 2014.03.30 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top