ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「鬼神伝」

読みは(おにがみでん)だそうです、OVAかと思ってましたが'11年の劇場作品っぽいです…CVの石原さとみ&中村獅童を筆頭に、音楽が宇崎竜童だったりスタッフに大友克洋がクレジットされていたりする点からしてOVAの予算じゃないですよね。笑
「文化芸術振興費補助金」なる助成を受けてるようで、きっと小学校の情操教育で観せる視覚教材っぽい作品だろうと思ってました…現代っ子が平安時代にタイムスリップして妖魔を退治する、伝奇アニメにしても子供向けな設定ですから。
舞台が京都だけに、その辺の地理に詳しければ一段と楽しめたんだろうなぁ〜?

だけどパッケージの雰囲気から、何だか細部の考証にこだわってそうな気がして…漫画でいうなら小島剛夕の「蜘蛛巣城」とか、実写でいえば「アギ・鬼神の怒り」みたいな雰囲気を期待して借りてみたのです。
とはいえキャラの顔は「ポポロクロイス物語」みたいな間が抜けたタッチだし、中村獅童以外は声優も石原さとみも今時な棒読みだし…インフレ合戦にイヤボン覚醒で決着とか、やっぱり訓話めいた健全なる青少年育成オチとかは着地点としてやむを得なかったか?笑

ただし物語は中盤、主人公の少年に宿る力でオロチが目覚めて都の鬼を一掃してから俄然面白くなります。
鞍馬山に棲む鬼は、戦の面を被った山の民…否、都を築くために故郷の地を追われた神の血を引く一族!?
歴史の勝者が“自分たちの都合で、この世から消してしまいたいもの”を悪とし、自分たちが都を作るために北山の杉を乱伐した事で自然のサイクルが狂って飢饉が生じ疫病を招いた責任をも糊塗して呼ばわったのが鬼の実態だったのです。
やってくれますねー、善悪のちゃぶ台返しが快感!笑

オロチの力を得んがために少年を時間の彼方から召喚した高僧、源雲の気高き理想は断じて善とは呼べないものの一概に悪とも言い切れないのです…何故なら彼は当時のエスタブリッシュメントらしく、大陸からもたらされた真言密教の攻撃的な仏法思想に正義を見出しているに過ぎない訳で。
それも彼が鬼と呼んで滅ぼそうとするマガタマ一族からすれば“我らの祖先が霊力の限りを尽くして退治し、味方につけた上で封印したオロチを、奴が物にしようとした”となって、民族間の戦いに潜む構図を端的に表した演出が見事です。

っていうか、それって…?
上の台詞で、思わず僕は背筋がゾッとしましたよ!
去年受けたオーラ・リーディングの際に呼び掛けてきた龍と、過去世で説得して封じた龍神の話ですが…まさか、元ネタはコレか?笑
いずれにしても、その件は去年の秋で何かしら落ち着いた筈なので今更ですし。
スサノオの血を引く一族の末裔だけがオロチを操れる、というのもね…龍神じゃなくてスサノオさんの神社だったのか、と思えば確かにあるんだよね近所に。笑
ま、それはともかく。

琵琶湖の水神オロチが象徴する日本古来の自然神たちと、源雲が依り代に憑依させた仏教の渡来神…しがらみ的な(現代っ子タイムスリップ)要素を省けば史料を駆使した興味深い平安伝奇です、これは高田崇史の原作が気になりますね。
そう、平安時代は決して平和で安全な時代なんかじゃなかった訳で…飢饉や疫病から人心が荒廃して悪が蔓延っていたからこそ、平安を願ったのであってね…宮崎駿が「もののけ姫」で描いた室町時代のユニークな解釈には敵わないにしても、核心部分の物語には強く惹かれるものがあります。

前半の正義が後半で悪に逆転し、物事の真贋を鵜呑みにせず自分で判断せよというメッセージも悪くないですね…ただ見方によっては右傾化はなはだしい政局の意向を汲んでるようにも取れてしまうのが厄介かな。


関連あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】浅川嘉富「源流レムリアの流れ 世界に散った龍蛇族よ! この血統の下その超潜在能力を結集せよ」| 2012.08.18

〈奈良・平安時代〉関連記事:
【最近読んだマンガ】四位広猫「篁破幻草子 蛍月夜に君の名を」| 2009.05.05
【最近読んだマンガ】山岸凉子「鬼」| 2009.06.29
【最近読んだマンガ】岡野玲子「陰陽師」13(太陽)巻| 2010.03.10
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近読んだマンガ】坂本久作「コミック版 藪の中・羅生門」| 2010.11.14
【最近みたアート】「空海と密教美術展」| 2011.08.02
【最近読んだマンガ】海野つなみ「後宮」5巻| 2011.11.24
【最近読んだマンガ】ユキムラ「たむらまろさん」| 2014.07.28
【最近読んだマンガ】芥川龍之介(原作)、日高トミ子(漫画)「コミック版 蜘蛛の糸・鼻・芋粥」| 2015.04.18
【最近読んだマンガ】皇なつき「黄土の旗幟のもと」| 2015.04.24
【最近読んだ本】田中俊明(監修)「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
【最近読んだ本】ポール・アンダースン(著)、岡部宏之(訳)「百万年の船 (2)」| 2016.12.31
【最近読んだマンガ】山内直実「ざ・ちぇんじ!」1巻| 2019.04.30


*以下の動画は携帯などでは視聴できないかもしれません

『映画『鬼神伝』予告編』
0
    | animation | 2014.04.22 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top