ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
シェイムズ・ティプトリー・ジュニア(著)、伊藤典夫/浅倉久志(訳)「愛はさだめ、さだめは死」

前に読んだ「たったひとつの冴えたやりかた」と共に、著者の代表作に挙げられる本書…短編集としてよりも、まず僕が読みたかったのは大野万紀による巻末解説「センス・オブ・ワンダーランドのアリス」でした。
この解説の題名は、著者が主人公になった「ジャングルの国のアリス」をもじっていますね…著者の母親が今から約90年前に発表した、幼少の娘とアフリカを縦断した旅行記です。
自立精神にあふれた著者のドラマチックなエピソードは、そんな幼少期から最期に至るまで波瀾万丈の連続で…それを紹介していると解説並みの文字数になりそうなので割愛しますが、もし邦訳された伝記が出版されたら是非とも読んでみたい位!

本編は表題作ほか初期の短編を織り交ぜた12編と、序文に同業のロバート・シルヴァーバーグによる「ティプトリーとはだれ、はたまた何者?」を収録しています…これがまた(ティプトリー女性説)をヘミングウェイまで持ち出して強く否定した'75年の本文と、著者からの手紙によって事実を明かされた気まずさを率直に記した'78年の追記とが著者の謎めいた人物像が取り沙汰された時代を感じさせて興味深いですね。

著者がCIAで体得したスキルを用いて、辞職後に消息を絶って別人になりすました前歴を思えば“野外生活を好み、毎日の生活に落ちつけないものを感じ、この世界の多くのことを見聞してきて、それをよく理解している人物”として文体上の人格を構築するなど造作もなかったのでしょう。
そういった才能は作風にも反映されていて、総じて理解を拒むような読み辛さが付きまとうのが特徴です。

1つには純粋な一人称視点により、読者が知り得る情報は語り手が語る範囲に限られる事…もう1つは人類と異なる生態や思考回路を持つ種族や完全にアウェイな環境が設定されていて、主人公の主観そのものが読み手からは同調しにくい事が挙げられると思います。
著者は物語を書き上げた後、その全貌を把握するフレーズを巧妙に隠蔽してから脱稿している気がします。
短編であっても続けて読破していく気力は失せて、しかし日を分けて一編を読むと結局最初から読み直す羽目になってしまいました。
あと何度、読み返したら僕にも分かるのだろう?笑

分かりやすさではサイバーパンク小説の元祖といえる「接続された女」と残酷な刑罰を課せられた男の運命を描いた「断層」、致死ウイルスのもたらす静かな終末を描く「エイン博士の最後の飛行」位か…ても「すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた」同様、ユカタン半島のコスメル島付近を舞台にした「男たちの知らない女」も捨て難いな。
きっと訳す方も相当に苦心惨憺したのではないかと、読みながら感心しました。


〈海外古典SF〉関連記事:
【最近読んだ本】フレドリック・ブラウン「闘技場」| 2010.04.02
【最近読んだ本】ロバート・A・ハインライン「夏への扉 新訳版」| 2010.07.30
【最近読んだ本】シオドア・スタージョン「不思議のひと触れ」| 2010.09.28
【最近読んだ本】レイ・ブラッドベリ「バビロン行きの夜行列車」| 2012.08.09
【最近読んだ本】アーサー・C・クラーク「宇宙のランデヴー」| 2014.09.29

〈浅倉久志(訳)〉関連記事:
【最近読んだ本】ウィリアム・ギブスン「あいどる」| 2010.12.19
【最近読んだ本】ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた」| 2013.05.12
【最近読んだ本】ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやりかた」| 2014.01.10
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
【最近読んだ本】V.A.「きょうも上天気」| 2015.01.09
【最近読んだ本】R.A.ラファティ(著)、伊藤典夫(共訳)「昔には帰れない」| 2015.06.25
【最近読んだ本】テッド・チャン「あなたの人生の物語」| 2017.01.07
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「大魔王作戦」| 2017.06.21

〈伊藤典夫(訳)〉関連記事:
【最近読んだ本】ジャック・ヴァンス「ノパルガース」| 2013.04.21
【最近読んだ本】トム・ゴドウィン・他「冷たい方程式」| 2014.09.20
【最近読んだ本】R.A.ラファティ(著)、浅倉久志(共訳)「昔には帰れない」| 2015.06.25


以下、個人的メモ。
“老人たちがひまをかけて返事をするひとつの理由は、あらゆる短語とキューが千もの連想を目覚めさせるからだ”

“ニュースに出るのは、やつらが大衆に知らせたいことだけさ。この国の半分が燃えあがったって、やつらがそれを知らせたくなきゃ、だれも知らずにいるだろう(中略)みんながやつらの見せるものだけを考え、やつらが与えるものだけをほしがるようにしておいて、みんながほしがるようにプログラムしたものしか与えないんだ”

“女には権利はないのよ(中略)このつぎに大きな危機がやってきて男がうろたえれば、わたしたちの権利なんていうものは消滅してしまうわ(中略)わたしたちはまた昔ながらの所有物に帰るの。で、女に自由を与えたのがつまずいた原因になってしまう。これはローマの滅亡とおんなじね”
0
    | books | 2014.03.26 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top